ヤマハ、βチタニウム音導管採用イヤフォン「EPH-M200」「EPH-M100」を8月中旬発売

Category: 新製品ニュース  07/16 /2014 (Wed)

ヤマハは、新開発の15mmドライバを搭載したインナーイヤフォン「EPH-M200」、「EPH-M100」を8月中旬より発売する。
概要は以下の通り。

共通
・ラウンドフォルムにヤマハの音叉マークをレイアウトしたシンプルなデザインと、新開発の大口径15mmドライバを搭載したダイナミック型イヤフォン。
・「EPH-M200」は音導管に世界で初めてβチタニウムを採用した上位モデル。
・「EPH-M200/M100」の新ドライバは、高磁力のネオジムマグネットを使用し、振動板には剛性と柔軟性に優れた独自のタンジェンシャル・エッジを採用。
・パワーあふれる低音とクリアな高音を実現する。


EPH-M200
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14,600円前後。
・上位モデルの「EPH-M200」は、世界で初めて音導管の素材にβチタニウムを採用。

・柔軟性が高く、弾力性に優れたβチタニウムの採用と、レーザー加工により高精度な切込みを入れることで、耳の形に合わせて音導管が可動し、高い追従性を確保。
・耳へのフィット感を高めるとともに、音漏れがなくしっかりとした低音再生を実現する。
・高強度で振動しにくいために、クリアでヌケの良い高音も楽しめる。

・また、βチタニウム音導管の効果を最大限に発揮するために専用イヤーピースを開発。
・一般的なイヤフォンよりも長い音導管との相乗効果で、装着時のイヤーピース潰れと音質劣化を抑えている。
・シリコン素材の採用により、フィット感を高めており、5サイズのイヤーピースを同梱。

・15mmドライバの採用に加え、ハウジングはポリカーボネートとABS樹脂の複合素材で、内部共振を低減。
・音響ポートを2つ設けることで、振動板動作時の通気抵抗を最適化して、クリアな低音を実現した。

・カラーはスタイリーレッド、ジェントルブラック、クールホワイトの3色。
・ケーブルも本体と同色。
・セレーション加工によりケーブル絡みを低減し、タッチノイズも抑制。
・iPhone/iPod/iPad対応のリモコンマイクも備えている。
・ケーブル長は1.2m。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・出力音圧レベルは105dB±3dB。
・インピーダンスは28Ω。
・重量は19.2g。
・キャリングケースやステレオ標準プラグなどが付属。


EPH-M100
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後。
・新開発15mmドライバとスタイリッシュデザインが特徴のイヤフォン。
・カラーはシャープブルー、ジェントルブラック、クールホワイトの3色。
・βチタニウムの音導管やセレーション加工ケーブルなどが、EPH-M200から省略されているものの、ドライバユニットは共通。
・デザインもEPH-M200と同様にヤマハの音叉マークをレイアウト。

・ケーブル長は1.2mで、iPhone/iPod/iPad対応のマイクも装備。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・出力音圧レベルは105dB±3dB。
・インピーダンスは28Ω。
・重量は19.1g。
・キャリングケースやステレオ標準プラグなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback