iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

JTS IE-1のレビュー

サウンドハウスにて5,200円で購入。ちなみに送料・代引き費用込みで5,830円(東京都内の場合)。

主な特徴
・色は「クリア」1色。
・コードはY字型約1.5mでL字型プラグ。
・タッチノイズはやや少なめ。2本の細いコードがねじれているため。
・しっかり装着すれば、音漏れはほぼ無い。コードを耳に回して装着する。
・遮音性は国産カナル型イヤホンと同じくらい。もしくは少し高い。
・音量は問題なく取れる。iPodなら最大音量の6割で十分。
・付属のオレンジ色イヤーチップはSONYのイヤーチップより固め。
どちらの装着感が良いかは好みが分かれそう。
・音場感がやや広め。
・デザインは好みが分かれそう。補聴器に見えそうではある。
・付属のポーチ、ケースは非常に良いが、収納がやや面倒。

音質、音域のバランス
・音質自体は価格から見るとやや悪い気がする。
・音域のバランスは少し高音域より。付属のLサイズのイヤーチップならややフラットになる。
・「サ行」がこんなに痛いイヤホンは初めて。高音域がシャリ付く。
・大きめのイヤーチップで浅く装着する方が低音域が逃げない。
・SONYにイヤーチップに変更すると、さらに高音域よりになり、低音域が少なくなる。
・基本的にイヤーチップ交換はオススメできない。
・女性ボーカルの曲の方が向いている。
・エージングは150時間以上必要と思う。

音質☆☆★

音域のバランス(Lサイズのイヤーチップで計測)
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆
・音漏れの少なさやタッチノイズの少なさ、ケースなど良い部分は多いが、
価格以下の音質だけがネック。
・高音域よりが好きな人や女性ボーカルを聞く人向け。
・正直、5,200円の価値は無い。

スペック
・再生周波数特性:10~20,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・感度:114dB/mW
・コード長:約150cm
・重量:約6g (ケーブル除く)
※過大入力をすると音が割れるとのこと。
IE-1

メーカーサイト(サウンドハウスの販売ページ)はこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。