radius、96kHz/16bit対応のLightningポータブルDAC/ヘッドフォンアンプを6月30日発売

Category: 新製品ニュース  06/27 /2014 (Fri)

radiusは、iPhoneなどでハイレゾ音源が再生可能なLightning接続のDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「AL-LCH21」を6月30日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13,980円前後。
・カラーはブラックとホワイトの2色を用意。

・Lightning接続に対応したポータブルDAC/ヘッドフォンアンプ。
・iPhone/iPad/iPod touchの音楽をDA変換/増幅し、ヘッドフォンへ出力可能。
・ステレオミニのヘッドフォン出力を装備。
・対応機種はiPhone 5/5s/5cと第5世代iPod touch、iPad Air/mini Retinaディスプレイモデル、第4世代iPad、iPad mini。

・DACとアンプがワンチップになったWolfson製「WM8731L」を搭載。
・最高96kHz/16bitまでのハイレゾ音源に対応。
・ハイレゾ音源の再生には、別途ハイレゾ再生対応アプリを使用する必要がある。
・96kHz/24bitなどの音楽ファイルは96kHz/16bitで処理して出力する。
・DSDには対応しない。

・同社調べでは、iPhone 5sのヘッドフォン出力におけるSN比は85dBだが、AL-LCH21を利用することで、約4倍の97dBまで向上するという。
・アンプ部の出力は50mW(16Ω)/30mW(32Ω)。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。

・本体側面に操作ボタンを備え、再生/一時停止、曲送り/曲戻し、音量調整が可能。
・給電はLightningケーブル経由で接続機器から行なう。
・Made for iPod/iPhone/iPadの認証を取得。
・搭載するLightningケーブルの長さは約80cm。
・重量は約12g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback