カナルワークス、3ウェイ8ドライバのカスタムイヤフォン「CW-L71」と音質調整対応モデル「CW-L71PSTS」を6月28日から受注開始

Category: 新製品ニュース  06/23 /2014 (Mon)

カナルワークスは、カスタムイヤフォンの新モデルとして、片側に3ウェイ8ドライバを搭載した「CW-L71」と、サウンドチューニングシステムを加えた「CW-L71PSTS」を発売する。
概要は以下の通り。

・受注開始は6月28日で、生産は8月から。
・価格は「CW-L71」が14万円、「CW-L71PSTS」が15万円。
・耳型採取費用は別。
・既発売の「CW-L51a」(104,572円)をベースに、さらなる高解像度を追求したというモデル。

・低域×2、中域×2、高域×4の合計8ドライバ構成。
・「高域のディテールがより鮮明になることはもちろん、中低域においても各楽器の実在感がさらに増した」という。
・デュアルタイプの高域用ドライバは、振動板の面積が、シングル用の約半分で、「クリスピーなサウンドを再現する」とする。
・低域用にはオープンベントタイプの高感度ドライバを採用することで、標準的なサイズながら、ハイスピードな低音を追求。
・ネットワーク回路には「CW-L51a」と同様に、電解コンデンサを使わない、オーディオ用フィルムコンデンサを搭載。

・「CW-L71PSTS」は、パーソナル・サウンド・チューニング・システム(PSTS)を搭載。
・ユーザーが好みに合ったサウンドに調整できる機構で、抵抗がハウジングの外に露出している。付属の抵抗セットの数値を変更したり(80Hz/+12dB~-4dBの範囲で11ステップ)、オプションで用意される調整用の別抵抗に交換する事で「低域の量感から中域のボーカル張り出しを調整できる」という。
・なお、CW-L71には、CW-L71PSTSの標準セッティングの抵抗値が内蔵されている。

・2機種共通の特徴として、ケーブル交換が可能。
・コネクタ部分には耳へのフィット感を高めるメモリーワイヤーを内蔵。
・長さは127cmと162cm。
・色はクリアとブラックから選択可能。
・オプションで、極細だが耐久性にも優れるという、銀コート処理採用の「ステルスケーブル」も用意する。

・本体の色は21色のカラーバリエーションから選択できる。
・インピーダンスは20Ω。
・感度は109dB。
・入力端子はステレオミニ。
・ハードケース、ソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスも同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback