SONY DR-45のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  06/21 /2014 (Sat)

ハードオフにて4,000円。中古品です。


主な特徴
・生産終了。非常に古いヘッドホン。
・発売は1975年頃、販売終了は1978年頃との情報有り。
・色は「ブラック」のみ。
・ケーブルは左側片出しで、長さは2m。ケーブルの色は黒色。非常にしなやか。癖は少し付く程度。
・ケーブルは着脱できない
・タッチノイズは無い。
・プラグはストレート型のステレオ標準プラグ。金メッキされていない。
・折りたたみ機構は無い。
・デザインは独特。個人的には比較的良い。今のヘッドホンには無いデザイン。
・耳への装着はオンイヤー(耳乗せ)。
・装着感はそれなり。見た目は板状のイヤーパッドであるが、耳の当たる中央付近に薄手のスポンジがある。
・側圧はやや強め。長時間の装着では少し疲れる。
・重量は370g(ケーブル含む)。
・ヘッドバンドの長さは8段階に調整可能。長さの余裕はほぼ無い。私の場合は7段階目で使用。
・音漏れは多い。開放型ヘッドホンなので仕方ない。
・遮音性は低い。開放型ヘッドホンなので仕方ない。
・ケース類は不足しないと思われる。
・音場はの広さは普通。上方向に少しだけ広いかも。開放型なので抜けは良い。
・音量は比較的取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度で十分。
・生産国は日本。本体に書いてある。
・ドライバは40mmダイナミック型(ドーム型)。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・相当古いヘッドホンなので新品は無い。
・中古相場は不明。今回の購入価格はあくまで参考価格。
・発売当時(1975年頃)の価格は5,900円(現在価値換算で、いくらになるのだろうか)

音質、音域のバランス(変換プラグはAT519CSを使用)
・音質は良いとは言い難い。
・音域のバランスは逆ピラミッドバランス。
・高音域は伸びはそれなりだが量が多い。抜けが良いので更に存在感がある。比較的鮮やか。
・中音域は強烈な癖のある音色。非常に伸びる・響く付帯音があり、普段聞いている音と同じとは思えない音に聞こえる。また、中音域と低音域の中間(いわゆる中低音)の量が非常に少ないように感じる。
・低音域は比較的締まりがあるが、量が少ないのに加え、中~高音域の量に押されている。
・全体的に見ても、中音域の響く付帯音が非常に強烈な印象。好みは大きく分かれる。全体的に音は軽め。
・ボーカルは女性の方が得意。男性はそれなり。位置は近い。独特の響きはボーカルにも影響する。
・サ行の痛さは少ない。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、全体的に全体的に厚みが出る。高音域の伸びも増す。中音域の響きは相変わらず。
・音圧や音量を出す事によって本領を発揮するタイプのヘッドホン。

音質☆☆★(☆☆☆でも良かったか)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆★

オススメ度☆☆☆
・約40年前のヘッドホン。入手は困難。
・非常に強烈な個性を持つヘッドホン。中音域の響きは他では聞けない。
・ハマる人はハマるが、ダメな人はいくら聞いてもダメ。
・開放型ヘッドホンです。

スペック
・当時の価格:5,900円
・型式:ダイナミック型オープンエアタイプ
・振動板:40㎜ドーム型
・インピーダンス:25Ω
・再生周波数帯域:20~20,000Hz
・許容入力:250mW
・感度:104dB/mW
・コード:2m(左側片出し、金メッキされていないステレオ標準プラグ)
・重量:370g(コード含む)
・備考:発売は1975年頃、販売終了は1978年頃
DR-45
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはDR-45の物)

DR-45 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

DR-45 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback