オンキヨー初のポータブルアンプ「DAC-HA200」。価格は約3万円

Category: 新製品ニュース  06/16 /2014 (Mon)

オンキヨーは、iPhoneなどと連携可能な同社初のポーターブルヘッドフォンアンプ「DAC-HA200」を7月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万円前後。
・iOS/Android/PCと連携できるポータブルヘッドフォンアンプ。
・入力端子は、USBを2系統(microB×1、TypeA×1)と、ステレオミニ/光デジタル兼用端子を1系統搭載。
・出力はステレオミニ×1。

・DACは、96kHz/24bit対応のTIバーブラウン「PCM5102」を内蔵し、iOS機器と接続し、音声をデジタル伝送が可能。
・筐体やDACは、オンキヨーの兄弟会社であるティアックのヘッドフォンアンプ「HA-P50」と共通であるが、オペアンプを新日本無線の「MUSE8920」に変更。
・オンキヨーの音作りを行なった(ティアックHA-P50のオペアンプはTI「OPA1652」)。
・アンプ部はプッシュ・プル構成のディスクリート回路を採用している。

・iPhoneからのデジタル出力にはオンキヨーのiOS用ハイレゾプレーヤーアプリ「HF Player」を利用。
・HF Playerのハイレゾ再生は通常有料のアドオンとなるが、DAC-HA200のユーザーはHF Playerのフル機能が無償で利用でき、96kHz/24bitのデータを直接伝送できる。
・Android端末はAndroid Open Accessory Protocol 2.0(AOA2.0)に対応した端末で利用可能。
・光デジタル入力とアナログ音声入力は兼用で、デジタル出力を持たないプレーヤーとも連携可能。

・iOS/Android端末とアンプを束ねるためのラバーバンドも付属。
・PCと接続してUSB DACとして利用でき、96kHz/24bitまで対応。
・前面にボリュームノブを装備する。
・出力は145mW×2ch(32Ω時)/60mW×2ch(300Ω)で、8Ω~600Ωのヘッドフォンに対応可能。

・HIGH/LOWの2段階のゲイン切り替えも備える。
・リチウムイオンバッテリを内蔵し、付属のUSB A DCケーブルから充電でき、約8時間の駆動が可能。
・外形寸法は64×112×21.7mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は210g。

試聴の限り「HA-P50」とは逆の音色でした。
フォンアウトはありますが、ラインアウトが無いのは残念。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback