Marshall Monitor Blackのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  06/16 /2014 (Mon)

じゃんぱらにて18,800円で購入。中古品です。国内代理店経由の正規輸入品。



主な特徴
・色は「ブラック」のみ。わざわざ機種名に「Black」と付くのは別カラーの販売予定があるからなのか。
・ケーブルは片出しで、長さは全長約1.2m(実測値)。ケーブルの色は黒色。癖は少し付く程度。
・ケーブルの途中約15cmはカールケーブルになっている。また、アップル製品対応のリモコンマイクがある。
・ケーブルは着脱可能。ヘッドホンとの接続は3.5mmのステレオミニプラグ。ケーブルは左右どちらにも接続可能。
・リケーブルは少し太めのプラグでも接続可能。例として「MDR-Z1000」のケーブル・プラグも使用できる。
・ちなみに左右両側にケーブルを接続し、2つの音源を再生すると、それぞれがステレオで聞こえる。
・タッチノイズは少しある。
・プラグはストレート型の4極ステレオミニプラグ。
・折りたたみ機構があり、ハウジングがヘッドホンバンド側に収納できる。両手の掌程度の大きさになる。
・デザインは良い。ややレトロな印象。背面の白い「Marshall」の文字は少し派手かも。
・耳への装着は一応アラウンドイヤー(耳覆い)の部類。厳密にはアラウンドイヤーとオンイヤー(耳乗せ)の中間といった方が適切かも。
・装着感は比較的良い。側圧は少し強め。その代わりに少しくらい頭を動かしてもズレない。長時間の装着では少し疲れる。
・重量はメーカーサイトに記載無し。
・ヘッドバンドの長さは12段階に調整可能。長さの余裕は少ない。私の場合は8段階目で使用。
・音漏れはヘッドホンとしてはかなり少ない。電車バスなら、まず問題にならない。
・遮音性はヘッドホンとしてはやや高め。
・巾着型のソフトケースが付属。最小まで折りたたまないと収納できない。
・音場は少し狭い。臨場感はある。
・音量は取りづらい。iPodなら最大音量の8割程度で十分。インピーダンス:42Ω、感度:99dBという数字がそれを物語る。
・生産国は中国。設計はストックホルム。説明書に書いてある。
・ドライバは40mmのダイナミック型。
・イヤーパッドは磁石で接着されており、簡単に外せる。
・名前の通り、モニター用ヘッドホンである。
・白色「Marshall」ロゴ、ブラックビニールレザー、真鍮製ヒンジを採用し、ビンテージギターアンプを想起させるデザインに仕上げている、とのこと。

フィルターについて
・イヤーパッドを外すとある黒色のフィルターは簡単に外せる。
・これの有無によって音響の調節が可能。
・フィルター無しでは少し派手めの傾向に。フィルター有では重低音の量が増すが、高音域の伸びがやや失われる。
・フィルター自体の厚みが1.7mm程度あり、かなり音が変わる。
・Marshallは「F.T.F.(Felt Treble Filter)システム」と呼んでいる。

リモコンマイク機能について
・アップル製品(iPod classic)では使用できた。Androidに対応しているかは不明。
・ボタンが1個のタイプ。
・1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・3回押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク機能もある。私は使ったことが無い。
・マイクの位置は近く、通話しやすいと思われる。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は16,480円(並行輸入品)。
・国内代理店を経由した製品の最安値は35,000円前後。
・本国での定価は250ドル。アメリカのAmazonでは159ドルで販売されている。

音質、音域のバランス(フィルター無し)
・音質は比較的良いが、30,000円超えと言われると悪い。
・音域のバランスは少しドンシャリ。
・高音域は硬めで伸びはそれなり。鮮やかで少し鋭さがあるが程度で痛さは少ない。
・中音域はやや位置が遠い。また響くような付帯音がある。
・低音域は比較的締まりがあるが芯が無い印象。量感はフィルター無しでも十分にある。
・一部の音が少し硬めであるが、MDR-CD900STのような鋭さを持つヘッドホンではない。
・極端ではないが独特の付帯音を考えるとライブモニター用途なのだろうか。そういった感想も見受けられる。
・ボーカルは男女共にまぁまぁ。位置は近いが、やや奥から聞こえる。
・サ行の痛さは少ない。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、全体的に濃い・厚みのある音色になり、音が大きく変化する。特に重低音は「分厚い」という表現が相応しい音色になる。
・音圧や音量を出す事によって本領を発揮するタイプのヘッドホン。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・代理店価格では音質は良いとは言い難い。
・独特の付帯音は好みが分かれる。
・小振りなヘッドホンであるが、音漏れが少なく、遮音性も平均以上。
・汎用性が高いリケーブルも特長。
・ポタアン等高級DAPなど、再生能力の高い機種で本領を発揮。
・フィルターの有無による音響の変化も面白い。
・輸入品と国内代理店経由による価格差が大きい。

スペック
・タイプ:ダイナミック密閉型
・ドライバー口径:40mm
・インピーダンス:42Ω
・感度:99dB
・周波数特性:10~20,000Hz
・コード:全長約1.2m(片出し、着脱可能、4極ステレオミニプラグ(機器接続側)、3.5mmプラグ(ヘッドホン接続側)、アップル製品対応リモコンマイク付、一部カールケーブル)
・重量:メーカーサイト記載無し
・付属品:ソフトケース
Marshall MONITOR
メーカーサイトはこちら(英語)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試験運用中の表(データはMonitor Blackの物)

Monitor Black 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

Monitor Black 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback