JBL Synchros(シンクロス)S200のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/07 /2014 (Sat)

ビックカメラ有楽町店にて6,980円で購入。展示処分品。


主な特徴
・色はブラック、ホワイトの2色。
・ケーブルの色は本体色と同様。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは1.2m。フラットケーブルを採用。癖はほぼ付かない。
・タッチノイズはやや多め。
・ケーブルは着脱できない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコンタイプ3種類(S,M,Lサイズ)とComplyフォーム・イヤチップ(1サイズ)が付属。
・装着感は良いが、ケーブルが重い影響なのか、少し下方向に引っ張られる印象がある。
・ハウジングから音筒が斜めにのびる"アングルド・イヤチップ構造"を採用。
・装着方法は「ケーブルを下に垂らす普通の方法」。「耳にケーブルを回す方法」でも問題は無い。
・革製のポーチが付属。内側にメッシュポケットがある。サイズが小さく、本体と付属品がギリギリ収納できる大きさ。もう少し余裕があっても良いかと思う。
・本体のデザインは少し変わっている。タービンのような機械的なイメージのあるデザイン。SPユニットをイメージしているらしい。
・音漏れは少しある。音抜けの穴はステム(音軸)の下下部に1つある。また、中の音が響いて外に漏れている様子。バス・電車程度なら問題なし。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては平均的。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割程度で十分。
・音場の広さはやや広い。立体感がある。
・ドライバは10mmのダイナミック型。
・ハウジングはアルミダイキャストハウジング。

バージョン違い
・「Synchros S200」には「Synchros S200i」「Synchros S200a」というバージョンもある。
・「Synchros S200i」はiOS端末用、「Synchros S200a」はAndroid端末用の3ボタンマイクリモコンが付属。
・「Synchros S200i」「Synchros S200a」のカラーはブラックのみとなっている。

価格、イベント情報(レビュー掲載時点で)
・価格は8,500円~11,800円。
・販売当初は11,800円が基準価格であったが、現在は1万円前後で販売する店舗が多い。

音質、音域のバランス(Mサイズのシリコンイヤーチップを使用)
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは少しドンシャリ。
・高音域は量が多く伸びもある。綺麗な音色で派手さや痛さは少なめ。
・中音域は大きな癖は無いが、やや重みのある音色。位置も近い。
・低音域は重厚であるが柔らかめ。量も多い。
・全体的には大きな癖が無く「普通」なイヤホン。
・綺麗な高音域と重厚な低音域が目立つも、中音域は位置が近いので不足感はあまりない。
・ボーカルは女性の方が得意。男性も悪くないが、歌い手によって少し遠く感じる事がある。
・サ行の痛さはほぼない。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、低音域の量が減り、締まりが良くなる。全体的にはさらにクリアな音色になる。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆
・決して実力のないイヤホンではないが、大きな特徴が無く地味な存在。
・細かく見れば面白い点はあるものの、全体的には普通の音色。
・音漏れは少しある。遮音性は普通、。
・ポーチの小ささは改善の余地あり。質は悪くないので勿体ない。
・タッチノイズや、ケーブルの重さは気になる点。
・これを購入した時期は、発売されてからはそれほど時間が経っていない。なぜ展示品を処分価格で販売していたのか・・・。

スペック
・タイプ:密閉ダイナミック型(カナルイヤホン)
・周波数特性:10Hz~22kHz
・感度(1mW):101dB/mW
・インピーダンス:16Ω
・ケーブル:1.2m(Y字型、フラットケーブル、L字型プラグ)
・重量(ケーブル含まず):5g
・付属品:専用キャリングケース、Complyフォーム・イヤチップ シリコンイヤーチップ(S/M/L)、ケーブルクリップ
・カラー:ブラック/ホワイト
・備考:「S200i」はアップル製品対応マイク付リモコン搭載、「S200a」は4極プラグ対応スマートホン用マイク付リモコン搭載。カラーはいずれもブラックのみ。
S200
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはSynchros S200の物)

Synchros S200 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

Synchros S200 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (3) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

イヤーチップ

はじめまして。
いつもレビューして頂きとても参考にさせていただいています。
私もS200を購入して、ボーカルの定位がかなり遠くてはじめは失敗したと思いました。しかし、イヤーチップをオーディオテクニカのfinefit (Mサイズ)にすると定位がかなり安定しておまけに音場まで広くなった気がします。
ご迷惑かもしれませんが、気が向いたらで良いのでもしよければイヤーチップをfinefit M(なるべくM)をつけた状態でのレビューをお願いします。

Posted at 21:51:59 2014/06/10 by ODJ

Comment

No Subject

ODJ様
初めまして。コメントありがとうございます。

イヤーチップを変えれば音が変わるのは承知しておりますが、基本的には付属のイヤーチップでレビューを掲載しております。
付属品での音がメーカーの意図した音色だと思っていますので。
ご希望の件は、機会があれば掲載いたします。

Posted at 00:12:37 2014/06/11 by H.A

Comment

No Subject

返答ありがとうございます。
そうですよね〜
ダメ元でしたので。

Posted at 00:21:51 2014/06/12 by ODJ

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback