ヤマハ、50mmドライバで約3万円のヘッドフォン「HPH-PRO400」を6月中旬に発売

Category: 新製品ニュース  05/29 /2014 (Thu)

ヤマハは、ヘッドフォンの「HPH-PRO」シリーズの新モデルとして、「HPH-PRO400」を6月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は31,000円前後。
・カラーはエボニーブラックとアイボリーホワイトを用意。
・スタイリッシュなデザインが特徴で、音楽鑑賞だけでなく、DTMやDJユーザーにも訴求するHPH-PROシリーズの新モデル。
・最上位の「HPH-PRO500」は50mm径ドライバを搭載しているが、新モデル「HPH-PRO400」も、同サイズの50mm径ユニットを採用。
・磁気回路にはネオジウムマグネットを採用。
・耳を覆うアラウンドイヤータイプで、ハウジングは密閉型。
・PRO500とPRO400の大きな違いはハウジングの素材。PRO500はアルミニウム製だが、PRO400はABS樹脂製となる。
・インピーダンスは22Ω。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・最大入力は1,000mW。
・出力音圧レベルは105dB。
・ケーブルの着脱が可能で、3mのケーブルと、1.2mのケーブルを同梱。短いケーブルにはマイクリモコンを備える。
・なお、PRO500は左右のハウジングにケーブル入力を備えているが、PRO400は左ハウジングのみ。
・重量は289g。
・イヤーパッドにはソフトなウレタン素材を採用。
・ヘッドバンドにはクッション性の高い素材使用。
・ハウジングは平らにはならないが、内側に折りたたむ事が可能。

・なお、既発売の下位モデル「HPH-PRO300」に、新色のアドバンスレッドを追加する。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は24,000円前後。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback