音茶楽、イヤフォン「Flat4-玄/緋弐型」と「Donguri-楽」の発売日を決定

Category: 新製品ニュース  05/28 /2014 (Wed)

音茶楽は、6月上旬発売予定としていたカナル型(耳栓型)イヤフォン3モデルの発売日を決定した。
概要は以下の通り。

・「Flat4-玄弐型(KURO TypeII)」と「Flat4-緋弐型(AKA TypeII)」は6月7日、「Donguri-楽(RAKU)」は6月14日より発売。
・いずれもフジヤエービックと音茶楽Sound Customize店舗で販売。

・「Flat4-玄弐型(KURO TypeII)」と「Flat4-緋弐型(AKA TypeII)」は、ユーザーの外耳道の長さに合わせて選べるイヤフォン。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格はどちらも45,360円(税込)。

・既発売の「Flat4-玄」をベースにしたモデルで、位相補正チューブの長さや、チューブの制振塗装を変更。
・10mm径のダイナミック型フルレンジユニット2基を水平対向で配置する独自のFlat4(Full-range 2-element 4-way effect)を採用し、振動をキャンセルして深い低音を実現。

・中高音域改善のため、ハウジングにパイプのような位相補正チューブを搭載。
・この位相補正チューブの有効長を、「Flat4-緋弐型」では従来の28mmではなく、長めの30mmとした。

・「Flat4-玄弐型」は従来と同じ28mm。
・よりユーザーに合ったタイプを選べるという。
・また、位相補正チューブの制振塗装として、より制振効果の高い弐型塗装を施した。


・「Donguri-楽(RAKU)」は、音茶楽の新ブランド「茶楽音人(Surround)」の第1弾モデル。
・価格はオープンプライスで、直販価格は15,120円(税込)。
・カラーバリエーションは、江戸紫(えどむらさき)、濃墨(こずみ)、白磁(はくじ)、紅赤(べにあか)の4色。
・10mm径のダイナミック型ユニットを搭載。
・トルネード・ターボ方式と呼ばれる音響方式を採用しているのが特徴。
・ユニットのフレームやプロテクターには音速が早くQ(共振の先鋭度)が低い液晶ポリマーを採用。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback