SHURE SE846のレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/17 /2014 (Sat)

ソフマップにて59,800円で購入。中古です。


主な特徴
・色は「クリア」のみ。
・ケーブルの色はクリア色のみ。
・ケーブルの形状はY字型。長さは1.16mと1.62m。ケプラー素材を使用し頑丈としている。ケーブル自体は硬く、癖はやや付きやすい。
・タッチノイズは少なめ。
・ケーブルは着脱可能。端子はMMCX。付属しているケーブルは1.16mと1.62mで色はいずれもクリア色。
・MMCX端子はクルクルと回転するのが特徴であるが、何となく不安である。ケーブルに負担がかかりにくいのは理解できる。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ(1.16m・1.62mいずれも同じ)。
・イヤーチップは「フォーム・イヤパッド(S, M, L・黒色の低反発タイプ)」「ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L・灰色のシリコン製)」「イエロー・フォーム・イヤパッド(黄色のスポンジ)」「トリプルフランジ・イヤパッド(白色の3段キノコ型)」が付属。
・装着感は比較的良い。ケーブルが硬いのが欠点。
・装着方法は「上耳にケーブルを沿わせて装着方法」。形状から「ケーブルを下に垂らす普通の方法」で装着する事は考えていない。
・セミハードケースが付属。本体・付属品が一応ながら全部入れられる。楕円形の「SE425/535」のケースとは異なる。
・本体のデザインは悪くは無いが、知らない人が見たら単なる補聴器。耳から飛び出ない点は良い。
・音漏れは無い。音抜けの穴は無い。イヤーチップが耳にしっかり密着すれば音漏れは無いはず。図書館でも使える少なさ。
・イヤーチップの先端を押さえても音漏れしている場合は、交換可能なノズルが真っ直ぐ本体に入っていない場合。ノズル交換時に注意したい。
・遮音性は非常に高い。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場の広さ自体は普通。立体感や前後の奥行は良いように感じる。定位は少し上にあるように思える。
・ドライバは4基のBA型。高域×1・中域×1・低域×2。高域・中域・低域のスリーウェイシステム。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は90,000円を下回る。
・以前は85,000円前後で販売していた店舗もあったが、消費税増税の影響なのか、少し値上がり傾向。
・店頭では99,800~10,3000円が相場。
・中古は70,000~80,000円が最安値。

交換ノズルインサートについて
・付属品にキーホルダーみたいな物があり、筒状の物の中に「交換ノズルインサート(黒色・白色。青色は最初から装着済)」が入っている。
・付属品にキーホルダーみたいな物にある、笛のような物が「ノズル取り外しキー」であり、ノズル交換に必要な器具である。
・ノズルを交換すると音色が変わる。「黒色はウォーム」「青色はバランス」「白色はブライト」とされている。

音質、音域のバランス(1.62mケーブル、Mサイズのフォーム・イヤパッド、ノズルは「ブライト」を使用)
・音質は良い。
・音域のバランスはフラット傾向。
・高音域は綺麗な音色。伸びも良い。量的にも問題ない。派手さは少なく痛い印象は無い。
・中音域の表現は比較的良い。少しだけ軽い印象がある。
・低音域の量は問題ない。締りのある音色となっている。
・全体的には、ややあっさりとした音色に聞こえるかもしれないがバランスは良い。鋭さや痛さは、ほとんど無い。
・ボーカルは男女共に得意。頭頂部あたりから聞こえる特徴あり。
・サ行の痛さは非常に少ない。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、音場が広がり、全体的にあっさりとした雰囲気に重みや力強さが加わる。また、余裕のある音色に。
・なお、Fiio E12を使用するとホワイトノイズをかなり拾う。
・2013年8月発売の機種であるが、初期不良が多い模様。2013年末頃から発売されたロットは不具合が減ったとのこと。
・また、2013年末頃から発売された機種では音色も変わっているという噂がある。

音質☆☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質は良い。
・バランスもノズルしだいで改善可能。
・音漏れ、遮音性能は良い。
・弱点は価格。壊れやすそうな話も多く、不安である。

スペック
・スピーカータイプ:4基のBA型。高域×1・中域×1・低域×2。高域・中域・低域のスリーウェイシステム
・感度:114dB SPL/mW
・インピーダンス:9Ω
・最低再生周波数帯域:15Hz
・最大再生周波数帯域:20KHz
・ケーブルの長さ:162cmと116cm(Y字型ケーブル、L字型ステレオミニプラグ)
・色:クリスタルクリアー
・付属品:レベルコントローラー、6.3mmアダプター、航空機内用アダプター、ポリッシュクロス、イヤーチップ、セミハードケース、交換ノズルインサート、ノズル取り外しキー
SE846
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはSE846の物)

SE846 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

SE846 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback