JVCがポータブルヘッドフォンアンプ参入。K2とフローティング構造で高音質再生「AX7」を5月下旬発売

Category: 新製品ニュース  05/08 /2014 (Thu)

JVCケンウッドは8日、JVCブランドのハイレゾ対応ポータブルヘッドフォンアンプ「SU-AX7」を発表した。
概要は以下の通り。

・5月下旬発売。
・価格はオープンプライス、店頭予想価格は55,000円前後。
・K2テクノロジーも搭載し、非ハイレゾ楽曲も高音質化できるのが特徴。

・バッテリを内蔵したポータブルヘッドフォンアンプ。
・入力端子として前面にUSB A×1、USBマイクロB×1、背面に光デジタル×1、ステレオミニのアナログ×1を装備する。
・USB AはiPodやiPhoneとUSBで接続し、デジタル伝送を行ない、ヘッドフォンアンプ側のDACでアナログ変換・増幅。高音質な再生が可能。

・USBマイクロB端子はUSB DAC機能を利用する。
・PCと接続、192kHz/24bitまでのPCMデータを再生可能。ただし、DSDファイルの再生には非対応。
・背面のスライドスイッチでUSB接続時の動作をiPhone/PCで切り替える。

・光デジタル音声とアナログライン入力は排他利用。
・光デジタル入力は96kHz/24bitまでのサポートだが特に「ソフトウェア的な制限はかけていない」という。

・充電もUSBマイクロ端子経由で行なう。
・PCと接続して給電しながら音楽再生も可能。
・ただし、音量の大きさによってはアンプ側の電池が消耗する事もある。

・iOS機器にカメラコネクションキット経由しての接続はJVCとしてはサポートしていないが、「できるかもしれない」という。

・最大の特徴は高音質化技術のK2テクノロジーを採用している点。
・背面にON/OFFボタンを備え、圧縮音楽ファイルを再生する場合も、K2テクノロジーを適用し、高音質化して再生できる。
・K2処理では、微細な信号を表現するためにビット数を拡張、高周波帯域も拡張し、44.1kHz/16bitなどの信号を、88.2/96kHz、24bitに拡張して再生できる。

・ハイレゾ楽曲を伝送・再生している場合も、K2テクノロジーはONにできる。
・周波数帯域を広げるわけではないが、「波形整形の切り替えタイミングの誤差(ジッタ)を排除する工夫が入っているため、音質向上が期待できる」という。

・DACにはAKM製のAK4390を採用。
・「癖がなく緻密で滑らか、自然に広がる空間表現を実現し、ハイレゾソースの持つ空気感をしっかりと再現できる」とする。
・ヘッドフォンアンプには「定番であり、音質にも定評ある」としてTIの「TPA6120」を採用。

・筐体にはフローティング構造を採用。
・フローティング構造は、ケースから離れたシャーシで回路基板を保持する構造で、ケースの振動が基板に伝わらないのが特徴。
・これにより、置く場所で音が変わらないという。
・シャーシには非磁性ステンレスを使用。fホールと呼ばれる穴を設け、振動を調整。「豊かで自然な響きを実現した」という。

・最大出力は140mW×2ch(16Ω)。
・周波数特性は10Hz~100kHz(ライン入力時)。
・出力はステレオミニのヘッドフォン端子×1を備える。
・電源は内蔵リチウムイオン電池を使用。
・連続使用時間はデジタルソースの場合、約5時間。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback