音茶楽、トルネード・ターボ方式イヤフォン「Donguri-楽(RAKU)」を6月上旬発売

Category: 新製品ニュース  04/30 /2014 (Wed)

音茶楽は、新ブランド「茶楽音人(Surround)」の第1弾モデルとして、カナル型イヤフォン「Donguri-楽(RAKU)」を6月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・販売元はTTR。
・価格はオープンプライスで、直販価格は15,120円(税込)を予定。
・5月10日と11日に開催される「春のヘッドホン祭2014」にて、展示と少量先行販売も予定。

・カラーバリエーションは、江戸紫(えどむらさき)、濃墨(こずみ)、白磁(はくじ)、紅赤(べにあか)の4色。
・音茶楽の音響技術とTTRの設計製造技術を融合させたという新ブランドの製品。
・原産国はフィリピン。

・10mm径のダイナミック型ユニットを搭載。
・トルネード・ターボ方式と呼ばれる音響方式を採用しているのが特徴で、この方式は「トルネード・イコライザー技術」と「アコースティックターボ回路」で構成。

・アコースティック・ターボ回路は、内蔵するダイナミック型ユニット「010e004」に使用されている。
・振動系の等価質量を周波数に応じて可変制御し、低fo化による重低音域の充実と中音域での感度向上を両立できる。

・トルネード・イコライザー技術は、カナル型の音質劣化の原因となる、外耳道を塞ぐ事によって生じる6kHz付近の共振を抑える技術。

・ユニットのフレームやプロテクターには音速が早くQ(共振の先鋭度)が低い液晶ポリマーを採用。
・「エレメント自体が振動する事で発生する微小レベルの付帯音を抑制、かすかな余韻までハイレゾ再生する」という。

・磁気回路にはネオジウムマグネットを採用。
・ボイスコイルには特殊CCAW線を使っている。
・プレートとヨークには電磁純鉄を採用し、銅メッキを施す事で磁気歪みを低減。

・出力音圧レベルは106dB/mW。
・再生周波数特性は5Hz~30kHz。
・最大入力は200mW。

・インピーダンスは18Ω。
・重量は約13g。
・入力はステレオミニ。

・ケーブルはY型で1.2m。
・L型接続ケーブルも付属。
・イヤーピースはComply T-200のM/Lサイズ。
・収納缶、クロスなども同梱。

このメーカーとしては安価な機種となります。
カラーリングも面白いです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback