オーテク、世界初ダイナミック型を対向配置したイヤフォン「ATH-CKR9/10」を4月25日発売

Category: 新製品ニュース  03/31 /2014 (Mon)

オーディオテクニカは、2基のダイナミック型ユニットを向かい合わせに配置した、世界初の“DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERS”を搭載したイヤフォン「ATH-CKR9」と「ATH-CKR10」の2機種を4月25日に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・どちらのモデルもDUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERSという新しい機構を採用しているのが特徴。
・13mm径のダイナミック型ドライバを、向かい合わせに配置したもので、2つの振動板は同時に動く。
・同じ動作をするのではなく、片方のドライバには逆位相の信号を入力する事で、互いに逆の動き方をする。
・これにより、「相互変調の無い、広帯域に渡って高い音の再現性を確保。
・高い音圧でイヤフォンらしからぬ“次元の高い再生音”を実現する」としている。
・この機構は2機種で共通。低域特性を最適に調整するベース・アコースティックレジスターも搭載。

「ATH-CKR10」
・価格は43,200円。
・ハウジングに高剛性のチタンを採用。
・ユニットの土台となるヨークに純鉄を使い、効率良く磁気を伝達。解像度の高い再生を実現する。
・出力音圧レベルは110dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~40kHz。
・インピーダンスは12Ω。
・ケーブルは着脱できない。Y型で長さは1.2m。
・スタッカード撚り線と不要振動を抑えるアルミニウムスリーブプラグが使われている。
・入力プラグは金メッキ仕上げのステレオミニでL型。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・重さは16g。

「ATH-CKR9」
・価格は32,400円。
・ハウジングに切削アルミニウムを採用。
・出力音圧レベルは109dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~35kHz。
・インピーダンスは12Ω。
・ケーブルは着脱できない。Y型で長さは1.2m。
・入力プラグは金メッキ仕上げのステレオミニでL型。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・重さは12g。

面白い構造のイヤホンです。
オーテクの場合、チタン採用イヤホンよりステンレスの方が気になります。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback