Panasonic RP-HDA100のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  03/02 /2014 (Sun)

ハードオフにて9,450円で購入。中古品です。



主な特徴
・生産終了。2000年ごろ発売開始、2007年ごろ生産終了との情報有り。
・色はブルーのみ。
・ケーブルは片出しで、長さは3m。LC-OFC Class 1を採用。プラグはステレオミニ。密閉型ならタッチノイズが多そうなケーブル。
・ケーブルは着脱可能。ヘッドホンとの接続はステレオミニ。ヘッドホン側のジャックが深い位置にあるが、比較的細いケーブルなら接続可能。
・ケーブルの色は黒色で布巻。癖は少し付きやすい。ケーブル自体は硬め。
・折りたたみ機構は無い。
・デザインは良い。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)。
・装着感は比較的良い。側圧は普通。C・I型イヤーパッドのI型(青く小さい方)の位置をしっかり決めないと装着感は悪い。
・重量は約264g (ケーブル除く)。特に重い印象は無い。
・ヘッドバンドの長さは頭頂部で調整するフリーアジャストタイプ。長さの余裕は少ない。
・音漏れは非常に多い。開放型というよりは完全開放型。
・遮音性は無い。
・ポーチ類は付属しない。本体の箱がケースとなっている。
・音場は狭い。全ての音が非常に近く、音数が増えるとごちゃごちゃとした音に聞こえる。
・音量は非常に取りにくい。iPodなら最大音量の8.5割程度必要。インピーダンス110Ω、感度100dB/1mWというスペックの通り。
・生産国は日本。箱に記載有。
・57mmのフルレンジスピーカーと、直径20mmのスーパーツィーター搭載。つまり、デュアルダイナミックドライバ搭載。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・生産終了からかなりの年月が経過しており、新品は入手困難。
・定価は45,000円。
・新品販売時は30,000円程度で販売。
・中古は12,000~20,000円が相場の模様。

音質、音域のバランス
・音質は良くない。
・音域のバランスはやや中~高音域傾向。正直なところ、装着する位置次第でバランスが変わってくる。
・高音域は、やや鋭く、少し派手な印象。伸びはほとんどない。
・中音域は、上擦った音。中央付近から聞こえるが位置は奥まっている。
・低音域は薄く遠い。締まりあまりない。重低音も存在感が薄い。
・全体的に、音質が良くなく、非常に「もやっ」とした音。ステレオミニプラグであるが、DAPで使う想定は全く無い様子。
・上にも下にも伸びは無く、篭った印象が強い。
・一応ながら、楽器の数が少ない方が得意な様子。
・ボーカルは比較的近い聞き取りやすい。男女共に比較的聴きやすいが、歌い手が複数になった途端に印象が悪くなる。
・サ行の痛さはほぼ無い。タ行の方が少し強調される程度。
・ポタアン(Fiio E12/ハイゲイン)を使うと、重厚さが出てきて、全体的に良くなる。
・正直、どういった状態で使う事を想定しているのか分からないが、再生周波数帯域のスペックを見る限り、ハイレゾのような音源での使用を前提としているのだろうか。

音質☆☆☆(☆☆★でも良かったか)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆


オススメ度☆★
・正直お勧めしません。しっかりとした据置機器を揃えれば、また別の音が出るかも。
・少なくとも、自宅でDAPを使って開放型ヘッドホンで聴く、というような手軽な機種ではない。
・装着感は良いと思うし、デザインは良い。
・フルーオープン機種なので音漏れは非常に多く、遮音性は全くない。

スペック
・スピーカー部:オープンエアー型ダイナミックステレオヘッドホン
・インピーダンス:110Ω
・再生周波数帯域: 3~100,000Hz
・使用ユニット:直径57mmフルレンジスピーカー、直径20mmスーパーツィーター
・音圧感度:100dB/mW
・最大入力:1,000mW
・コード:3m(片出し、着脱可能、LC-OFC Class 1、ストレート型ステレオミニプラグ)
・質量(コード除く):約264g
・イヤーパッド:C・I型
・ヘッドバンド:フリーアジャスト方式
・付属品:ステレオミニ→ステレオ標準変換プラグ
RP-HDA100
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはRP-HDA100の物)

RP-HDA100 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

RP-HDA100 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback