iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Goldring GX200のレビュー

フジヤーエービックにて1?,800円で購入。 主な特徴
・色は「シルバー」1色。今後iPodカラーに合わせた色が発売されるとの噂あり。
・コードはu字型1mでストレートプラグ。コードは癖が付きづらく良い。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては若干多め。極端には気にならないはず。
・音漏れはほとんどない。このイヤホンで音漏れするようなら耳が壊れています。
・遮音性は非常に高い。「Super.fi 5 PRO」には劣るがそれに近い感覚。
・遮音性の高さの割には装着の手間はほとんどない。国産カナル型イヤホンと同じ装着方法
(少し耳に押し込んでください)。
・自分の顔を中心とした場合、音場は上下方向にやや広い。
・音量は問題なく取れる。iPodなら最大音量の6割で十分。
・付属のポーチが良い。


音質、音域のバランス
・音質はそこそこ良い。
・音域のバランスは、高音域と低音域が強いドンシャリ型
(インプレではフラットと書きましたが訂正です)。
・特に低音域は音圧があり迫力がある。
・中音域もそれなりに出ている。男性ボーカルの場合、曲によってはボーカルが少し埋もれてしまうことも。
・曲によるが、男性ボーカルより女性ボーカルの方が向いている。
・ダイナミック型の長所である力強さが存分に楽しめる(私なりに「バランスド・アーマチュア型は
繊細」、「ダイナミック型は豪快」というイメージです)。
・出ている音域の量は低音域≧高音域>中音域

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・音漏れが少なく、遮音性も高い。音質もそこそこ良く、ポータブル機に使用する上で問題はない。
・女性ボーカル中心に聞く人、低音域やドンシャリが好きな人にオススメ。
・これぞダイナミック型イヤホンと言える機種。


スペック
形式:ダイナミック型
インピーダンス:16Ω
感度:95dB/mW
再生周波数帯域:20~20,000Hz
ケーブル長:1m
GX200

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。