上海問屋 DN-80500のレビュー

Category: イヤホンレビュー  01/26 /2014 (Sun)

秋葉原の上海問屋にて1,499円で購入。

主な特徴
・本体色はブラック、ブラウンの2色。
・ケーブルの色は黒色。形状はY字型。しなやかであるが、細く心細い。癖は少し付く程度。
・ケーブルは、分岐後は細いケーブルが2本に束ねてある。分岐前は3本に束ねている。
・ケーブルの長さは約1.2m。ステレオミニ端子から分岐まで86cm、分岐部からイヤホン部まで43cm。
・ケーブルは細いので取扱いには注意。断線報告はあまり聞かないが、注意はした方が良い。
・ケーブルは着脱できない。
・延長ケーブルは付属しない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・装着方法は、耳にケーブルを回す方法だが、装着感が悪い。タッチノイズが気にならなければ、ケーブルを下に垂らす普通の方法でも良い。
・装着感は耳にケーブルを回す方法では装着しづらい。ケーブルを下に垂らす普通の方法では普通。
・タッチノイズは、やや多め。耳にケーブルを回す方法で装着すれば少なくなる。
・イヤーチップはシリコンタイプ。シングルフランジのS,M,Lサイズとダブルフランジ(サイズは一つ)が付属。
・ポーチ類は付属しない。
・本体のデザインは安っぽい。
・音漏れは少なめ。背面に音抜けがあり、ここから少し漏れている。電車バスは問題ない。
・遮音性は比較的高い。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割程度で十分。
・私の耳の形状による影響かもしれないが、耳にケーブルを回す装着方法では、音が耳奥に届きにくい。また、耳に合うイヤーチップが無い。
・音場は少し広い。上方向には広がるが左右への広がりは無い。
・この価格にして、6.8mm/9mmのデュアルダイナミック型ドライバーを搭載。
・耳にケーブルを回す方法を想定し、ケーブルの耳に当たる部分は針金が入っている(昔のUEのイヤホンのように)。これは無い方が装着しやすいかも。
・イヤーチップを装着するステム部分はかなり長い。あえて浅めにイヤーチップをイヤホンに装着すると音がうまく聞こえるようになるかも。
・色々な意味でフィッティングに厳しい機種である。特に高音域が聞こえにくい人は色々試してほしい。

型番について
・この製品を普通に探すなら「DN-80499」で探す方が早い。上海問屋のネットショップも「DN-80499」で登録されている。
・私が購入した物の袋やレシートには「DN-80500」と記載されている。店頭販売用の型番かもしれない。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・店頭、ネットショップともに1,499円。
・しばらくの間、在庫なしが続いたが、いつの間にか在庫復活。ネットショップにはブラウンの在庫がある。

音質、音域のバランス(Lサイズのイヤーチップで、ケーブルを垂らす普通の方法で装着)
・価格を考えれば、音質は良い。
・音域のバランスは、低音域が多めのドンシャリ。
・高音域の量も伸びもかなりのもの。やや鮮やかで、やや派手。極端な痛さはない
・中音域は、位置は近いが、少し遠く感じる。明るく軽やか印象がある。
・低音域は、締まりはあまり無いが、しっかり聞こえる。重低音はボンボンとそこから湧き出てくるような音。
・全体的に、この価格としては非常にハイレベル。鮮やかな高音域と湧き出るような重低音は大きな特徴。
・上にも書いたが、耳への装着とイヤーチップの装着は重要。あえて浅めに装着するのも一つの方法。高音域が聞こえにくいなら、その音は本当の音ではないかも。
・ボーカルは女性が得意。男性は遠く聞こえてしまい苦手。
・サ行の痛さは少ない。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、全体的にくっきりとした印象になる。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆★
・価格から考えれば音質は良い。バランスも良い。
・この価格でデュアルダイナミックドライバーを搭載するのはすごい。
・最近になって(?)在庫が復活。どこから仕入れているのやら。
・音漏れは少なめ、遮音性も高め。
・ケーブルが細くて心配、男性ボーカルが苦手、フィッティングが難しいのが弱点か。

スペック
・イヤホンコード長:全長約1.3m(ステレオミニ端子から分岐まで86cm、分岐部からイヤホン部まで43cm、Y字型コード、L字型プラグ)
・ハウジング:プラスチック
・ドライバ:6.8mm/9mm(デュアルダイナミックドライバー)
・感度:95±4dB/mW
・インピーダンス:16Ω
・周波数帯:20Hz~22,000Hz
・定格出力:2mW
・最大入力:10mW
・付属品:イヤーチップ(S,M,L3種類。ダブルフランジイヤーチップは最初から本体に装着済)
・製品保証:お買い上げ後6か月間
DN-80500(デュアルダイナミック)
メーカーサイトはこちら(販売サイト)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはDN-80500の物)

DN-80500 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

DN-80500 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback