iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SONY MDR-EX90SLのレビュー

ビックカメラ有楽町店にて9,980円で購入。 主な特徴
・色は「シルバー」1色。
・コードは50cm。u字型コードでストレートプラグ。1mの延長コードが付属。タッチノイズは普通。
・本革キャリングケースが付属。質感が高くて良い。
・イヤーチップはS、M、Lが付属。SONY製らしく装着感は良い。
・音漏れはカナル型としては非常に多い。音はイヤーチップからだけではなく、「L」の文字の右側にある3箇所のくぼんだ部分からも出る(写真はクリックすると拡大)。完全な密閉型とは言えない。普通の開放型イヤホンよりは音漏れが少ない。これは音が出る反対側には穴が空けられていないためである。音漏れ具合と遮音性の順番はMDR-EX51>MDR-EX90SL>開放型イヤホン。それでもiPodで使う場合、音量を半分以上にすると音漏れしている場合があるため注意。
・遮音性はほとんどない。
・音場感は広い。
・音量が少し取りづらい。iPodなら最大音量の6.5~7割程度必要。
・非常に独特な装着感。販売当時はどうなるかと思ったが、非常に良い装着感である。
・MDR-EX90LPという1.2mコードの商品もある(海外販売向け?)。
・SONYがようやく本腰を入れたイヤホン。
・今後の低価格帯のイヤホンにも期待。
・デザインは良いと思う。

音質、音域のバランス
・音質は少し上。
・音域のバランスは低音域より。
・高音域の量は適当。シャリつかず聞きやすい。
・中音域も程よい量が出ている。
・低音域は少しだけ量が多い。不自然な音、量ではない。
・「サ行」の痛さはほとんど感じない
・男性、女性ボーカルどちらも問題なし。
・分解能はなかなか良い。

音質☆☆☆★(☆☆☆☆と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質、音のバランスが良く、オススメできる。
・音漏れには注意。
・音漏れ、遮音性を気にしなければ、10,000円以内のイヤホンとしては良い選択肢である。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:口径13.5mm
・インピーダンス:16Ω
・感度:106dB/mW
・再生周波数帯域:5~25,000Hz
・コード:約0.5m(u字型コード、ストレートプラグ)
・質量:約7g(コード除く)
・付属品:延長コード(約1m)、イヤーピース(S/M/L)各1セット、インナーケース、本革キャリングケース
MDR-EX90SL

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。