MONSTER CABLE MILES DAVIS TRIBUTEのレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/10 /2013 (Sun)

ソフマップにて19,800円で購入。新品処分品です。



主な特徴
・生産終了。
・色はゴールドのみ。
・ケーブルの色は青色。
・ケーブルの形状はY字型。長さは1.2m。癖はやや付きやすい。
・タッチノイズは少ない。
・ケーブルは着脱できない。
・延長ケーブルは付属しない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップは多彩で大量。スーパーフォームチップ(4サイズ)、スーパージェルチップ(6サイズ)、ソフトイヤーチップ(3サイズ)、トリプルフランジイヤーチップ(2サイズ)、フォームイヤーチップ(1サイズ)が付属する。
・装着感は良い。
・装着方法は、耳からケーブルを垂らす普通の方法。耳にケーブルを回す方法でも装着可能だが必要性は薄い。
・ケース・ポーチは3種類付属する。1つはハードケース(本体収納用)、もう2つは小銭入れの様なポーチ。いずれも名刺ケース程度の大きさで、多彩な付属品を全て収納できるポーチは無い。
・本体のデザインは良い。ゴールドとブルーという組み合わせは面白い。ハウジングの塗装がはがれやすい(らしい)。
・音漏れは少なめ。音抜けの穴は見当たらないが、継ぎ目から漏れているかも。電車バスは、ほぼ問題ないレベル。
・遮音性はやや高め(ジェルチップの場合)。
・音量はやや取りにくい。iPodなら最大音量の6.5割程度で十分。
・音場の広さは普通か少し広い程度だが、位置は全体的に目より上の位置から聞こえる。重低音は目の高さくらいで聞こえる。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品はほぼ見かけない。販売当時は39,800円~49,800円が相場。
・半年程度前に新品で入手できたのは相当運が良い。
・中古は中々見かけないが、状態の良い物だと30,000円~35,000円あたり。

音質、音域のバランス(中間サイズと思われるスーパージェルチップ)
・音質は良い。
・音域のバランスは低音域が強めのドンシャリ。
・高音域の伸びは中々あるが、基本的には低音域に邪魔される印象。やや鮮やかに聞こえるが痛くは無い。
・中音域は、楽器によって、少し遠かったり、近かったりする。それ以外に大きな癖が無い。
・低音域は、ズンズンとした重低音が目の位置~頭の位置で聞こえてくる。量自体は多いが空間的にはあまり広くない。室内で聞くとやや疲れる。
・全体的に、低音域は多いがハイレベルなダイナミック型機種。何で生産終了にしたのか。
・最近と比較すると、細かい機種を拾う印象は無い。
・家で聞くと低音域で疲れるので、外で使うのに向いていると思う。
・ボーカルは男女共に得意。位置も比較的近い。
・サ行の痛さは少ない。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆★
・生産終了品。
・全体的に低音域は多いが、ボーカルも得意。割とジャンルは選ばない?ジャズは聞かないので分からないが。
・音漏れは比較的少なめ、遮音性は比較的高め。
・家では疲れやすい音色。外で使いたい。外ならバランスの良くなる。
・外で使う分には、結構お気に入りの機種です。
・かなり希少な機種です。
・塗装がはがれやすいとの噂あり。

スペック
・タイプ:カナル型
・周波数特性:メーカーサイト記載なし
・感度(1mW):メーカーサイト記載なし
・インピーダンス:メーカーサイト記載なし
・ケーブル:1.2m(Y字型コード、L字型プラグ、スライダー付)
・重量:22g
・付属品:ケース・ポーチ(3種類)、ケーブルクリップ、イヤーチップ(スーパーフォームチップ(4サイズ)、スーパージェルチップ(6サイズ)、ソフトイヤーチップ(3サイズ)、トリプルフランジイヤーチップ(2サイズ)、フォームイヤーチップ(1サイズ))
MILES DAVIS TRIBUTE
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはMILES DAVIS TRIBUTEの物)


MILES DAVIS TRIBUTE 主な特徴
・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

MILES DAVIS TRIBUTE 音の特徴
・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (3) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

No Subject

monsterのカッパーやマイルスデイビストリビュートが生産終了となって久しいですが、現行の機種で、上記の機種のような締まった低音とキレのある音を出してくれるイヤホンはあるんでしょうか?探してはみているんですが、なかなか似たような音を出すイヤホンはありませんね‥

Posted at 13:18:07 2014/12/12 by

Comment

No Subject

名無し様(とお呼びいたします)
コメントありがとうございます。

色々考えてみましたが、コレという機種はなかなか閃かないですね。
ここ最近は「量」か「締まり」の2択になっている感はあります。

Posted at 22:13:53 2014/12/12 by H.A

Comment

No Subject

お早い返答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、量を確保しつつ、締りのある低音を出すイヤホンは、最近見かけないですね。
あるいは、IE80にバランスケーブルを装着すれば、と考えましたが、試したことがないのでわからないですね・・w。

Posted at 22:50:27 2014/12/12 by

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback