AKG K3003のレビュー

Category: イヤホンレビュー  10/13 /2013 (Sun)

ソフマップにて79,000円で購入。中古品です。

主な特徴
・色はシルバーのみ。
・ケーブルの色は黒色。ケーブル分岐前は布巻き、分岐後はラバー被膜。線材は高純度OFCとのこと。
・ケーブルの形状はY字型。長さは1.2m。癖は分岐前は付きづらく、分岐後はやや付きやすい。
・タッチノイズは少ない。ケーブルが本体に沿って巻かれており、イヤホン本体において、いわゆる「SHUREがけ」がされている。
・ケーブルは着脱できない。
・延長ケーブルは付属しない。
・プラグはストレート型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコン製。S,M,Lサイズが各2セット(4個ずつ)付属する。
・装着感は良い。イヤーチップはやや硬め。
・装着方法は、耳からケーブルを垂らす普通の方法。耳にケーブルを回す方法でも装着可能だが必要性は薄い。
・ケースが付属する。高級感はあるが、ケーブルを巻きつけるタイプでケーブルを少し外に出てしまう、付属品が入れられないのは難点。
・本体のデザインは良い。高級感がある。
・音漏れは少しある。ノズル下部に音抜けの穴が1つある。電車バスは、ほぼ問題ないレベル。
・遮音性は、この手のイヤホンとしては少し高め。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場は独特。高い音は広がらないが、低音はやや広め。
・高精度ステンレスを採用。
・デュアルBA+ダイナミックの3ドライバ。
・3ドライバを、この小さい本体に収めているという点を考えれば、デザイン面でも優秀だと思う。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品は124,000円前後。一部並行輸入品は1万円前後安い。
・ちなみに、中古はここ最近値下がり傾向で、8万円前半が相場。

「メカニカル・チューニング・フィルター」について
・フィルター部分はネジ状になっており、自分の手で外せて、交換が可能。
・音域のバランスは、このフィルターによって変わる。
・フィルターは「バスブースト」「リファレンスサウンド(標準)」「ハイブースト」の3種類が付属。
・裏から見れば分かるが、網状のフィルターの後ろに、もう1つのフィルターがあり、音の出方を調整している。
・「バスブースト」は厚手のフィルター、「リファレンスサウンド」は薄手のフィルターがあり、「ハイブースト」は素通しとなっている。

音質、音域のバランス(Mサイズのイヤーチップ、フィルターはリファレンスサウンド(標準))
・音質は非常に良いが、明らかに価格は高い。
・音域のバランスは弱ドンシャリ。
・高音域は、かなり伸びる。かなり派手で鮮やか。人によっては「キラキラした音」と表現してもおかしくない。
・中音域は、少し派手な印象はあるが、それ以外は癖が無い。
・低音域は、ややゆったりとした柔らかい音。
・全体的に、安定感のあるのオールラウンダーという印象。
・家で聞くと、やや派手に聞こえるが、外ではバランスの良い音。
・やはり価格は高すぎると思う。
・ボーカルは男女共に得意だが、派手な表現。
・サ行はかなり痛い。男性ボーカルの方が痛いかも。
・価格的に外で使うのはためらう機種であるが、外で使う事を前提としたような音。

音質☆☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆★
・音質に関しては文句なし。
・やや派手な音の傾向。
・音漏れは少なめ、遮音性は普通。
・音域のバランスを変えられるのは面白い。
・この小さい本体に3ドライバを入れているのはスゴイ。
・弱点はあまりに高い価格とサ行の痛さ。
・何だかんだ言っても、ユニバーサルイヤホン最高位の機種。

スペック
・タイプ:密閉型
・周波数特性:10Hz~30kHz
・感度(1mW):104dB/mW
・インピーダンス:8Ω
・ケーブル:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ、分岐前は布巻きケーブル)
・重量(ケーブル含まず):10g
・付属品:キャリングケース、航空機内用変換アダプタ、シリコンイヤチップ(S/M/L、各4個)、シリアルナンバープレート
K3003
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試験運用中の表(データはK3003物)
K3003 主な特徴
・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

K3003 音の特徴
・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (3) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

断線の恐怖が常に頭によぎり中古に流れるのでしょうか・・・かくいう私もベイヤーのT1をもっていたのですが断線の恐怖が常に頭にちらつき売ってしまいました。音は特に感動しませんでしたがね。

Posted at 20:37:10 2013/10/13 by フル

Comment

フル様
コメントありがとうございます。

理由は分かりませんが、中古は多いですね。
買取値が実売価格の半額程度と、他の機種より高いのも理由かもしれません。

Posted at 00:23:01 2013/10/14 by H.A

Comment

中華DIY

中華DIY製品で音も95%コピーできている物があります。
Senfer diy k3003
https://aliexpress.com/item//32612429416.html
での2BAの方です。
中華も進んでいますね。

Posted at 11:37:54 2016/11/24 by J

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback