Klipsch Image X7iのレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/25 /2013 (Sun)

直販サイトにて22,800円でホワイトを購入。
主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」の2色。
・ケーブルの色は、本体色ブラックは黒色で、本体色ホワイトは白色。どちらもフラットケーブルを採用。
・ケーブルの形状はY字型。長さは全長約1.3m(プラグ~リモコンマイクを含む分岐前まで約1m、分岐後~本体まで約30cm)。ケーブル分岐後が短い。
・ケーブルの癖は付きにくく、タッチノイズはかなり多め。
・ケーブル途中に、リモコンマイクがある。
・延長ケーブルは付属しない。
・プラグはストレート型の4極ステレオミニプラグ。
・イヤーチップは同社でお馴染みの「Ear Gels(シングルフランジS/M/Lサイズ、ダブルフランジ1種類)」が4種類付属。
・装着感は良い。「image X5」より小さくなったが、本体形状の影響により、耳奥へ入れにくくなった。
・装着方法は、耳からケーブルを垂らす普通の方法。耳にケーブルを回す方法でも装着可能。
・ポーチが付属。Etymotic Research社の物に近い。内側にポケットは無いが使いやすい。強いて言えば、リモコンマイクが長い機種なので、横幅がもう少しあると、ケーブルへの負担も少ないと思う。
・本体のデザイン比較的良い。小柄で目立たない。
・音漏れはわずかにある。本体からケーブルが出ている場所から漏れている。図書館等でも使えそう。
・遮音性は、かなり高め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割程度で十分。
・音場の広さは少し狭い。定位は良さそう。奥行きもあるように聞こえる。
・シングルBAドライバで、「Full Range KG 623X7」を搭載。ちなみにimage X5は「Full Range KG 623」だった。
・ケーブルクリップが付属。ちなみに本体色ホワイトでもケーブルクリップは黒色。どうせなら白色にして欲しかった。

リモコンマイク機能
・アップル製品に対応。アンドロイドは対応しない。
・ボタンが3個のタイプ。
・機能は全てケーブル途中の棒状の部分に集約されている。
・+ボタンは音量を上げる、-ボタンは音量を下げるだけのボタン。なお、押しっぱなしにしても1回分しか下がらない。何度も押す必要がある。
・中央のボタンを、1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを、2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを、3回押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。
・ケーブル分岐前にリモコンマイク機能を置く事によって、ケーブル分岐後の左右の重さが同じになる点は良い。
・ただし、リモコンマイク自体が長い。他社でここまで長い物は見たことが無い。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は18,980円前後。
・ただし、20,000円を切る製品は並行輸入品の場合があるので購入時に注意。
・量販店では22,800円前後。

音質、音域のバランス(Lサイズのイヤーチップ)
・音質は良い。
・音域のバランスはフラット。
・高音域の伸びはなかなかある。少しだけ派手。痛いか痛くないかの際どい辺り。
・中音域も少しだけ派手。大きな癖は無いように感じるが、若干軽めか。
・低音域は、少しだけ硬めで主張しすぎない。量的にも問題ない。
・全体的には、比較的バランスの取れた機種。一方で個性は欠ける印象。
・ボーカルは女性は比較的得意。男性は歌い手によって聞きやすかったり聞きにくかったり。
・サ行はやや痛い。タ行の方が痛い。


音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆★
・全体的には比較的バランスの取れた機種。一方で個性は欠ける印象。
・音漏れは少なめで、遮音性も比較的高い。
・フラットケーブルは、断線の心配は少なくなったが、その分重くなり、タッチノイズも増えてしまった。
・リモコンマイクは個人的には不要である。外国ではリモコンマイクが無いと見向きもされないらしいが、日本ではリモコンマイクがあるだけで見向きもしない人がいるという事も知ってほしい。

スペック
・ドライバー形式:バランスド・アーマチュア
・ドライバー:Full Range KG 623X7
・ドライバー口径:8.5mm
・周波数特性:10Hz~19kHz
・レベル(1mW):110dB
・インピーダンス:50Ω
・ケーブル:メーカーサイト記載無し(全長約1.3m(プラグ~リモコンマイクを含む分岐前まで約1m、分岐後~本体まで約30cm))、フラットケーブル
・重量:10.5g
・カラー:Black、White
・その他:Apple製品対応スリーボタンリモコンマイク付
・付属品:専用ケース、クリップ、Ear Gels(シングルフランジS/M/Lサイズ、ダブルフランジ1種類)
image X7i
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試しに作成した表(試験運用中/データはimage X7iの物)
image X7i 主な特徴
・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

image X7i 音の特徴
・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback