DENON AH-C300のレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/18 /2013 (Sun)

フジヤエービックにて22,320円で購入
主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・ケーブルの色はシルバー。Y字型で長さは1.3m。プラグは4極プラグでL字型。癖は付きにくく、タッチノイズは少なめ。
・延長ケーブルは付属しない。
・イヤーチップはシリコンイヤーピース(XS/S/M/Lサイズ)、2層シリコンイヤーピース(S/M/Lサイズ)、コンブライイヤーピース(1サイズ)が付属。
・2層シリコンイヤーピースは、イヤーチップ裏側の傘の部分がシリコンで埋まっており、遮音性が高くなっている。
・装着感は比較的良い。本体が大きく、本体下部の細長い部分が耳に当たる人もいるかも。
・外耳に装着するイヤスタビライザ(S/M/Lサイズ)があるが、最初の状態ではかなり手前にあり、イヤーチップと干渉する。もっと奥まで入れれば、イヤーチップと干渉しなくなり、使いやすくなる。
・装着方法は、耳からケーブルを垂らす普通の方法。耳にケーブルを回す方法では、本体の形状の影響で難しい。
・革製のケースが付属。縦方向のV字型に開く珍しいタイプ。付属品が全部入る、内側のメッシュポケットもあり使いやすい。
・本体のデザインは悪くないが、大きく目立つ。
・音漏れは少しだけある。特に音抜けの穴は見当たらない。バス電車は問題なく、図書館でも音量控えめに使えば使えそう。
・遮音性は、シリコンイヤーピースでは普通~やや低め、2層シリコンイヤーピースではやや高め、コンブライなら高め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場は全体的に耳の高さ~頭の位置といった上方向に集まる傾向。低音も上から聞こえる。
・デュアルダイナミックドライバ搭載。11.5mmのダイナミックドライバーが向かい合わせに2個搭載されている。
・接続機器によっては、無音時のホワイトノイズは気になるかも。ポタアン接続時は聞こえた。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は16,000円前後。
・量販店では18,000円前後。
・販売後、しばらく経ったある時期に新製品は全て値下げされた。

リモコンマイク機能
・アップル製品に対応。アンドロイドは対応しない。
・ボタンが1個とダイヤルのタイプ。
・機能は全て本体右耳側の背面に集約されている。
・背面の銀色部分がダイヤルになっており、ボリュームコントロールとして左右に動く。
・ボタンは背面の銀色部分の内側にある黒色の部分がボタンになっている。
・ボタンを、1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・ボタンを、2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・ボタンを、3回押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク用の穴は、背面にある「DENON」の文字の左上にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。
・ケーブル途中にリモコンマイク機能を集中しない事によって、ケーブルが重くならない点は良い。
・リモコン用のボタンは、意図せず押してしまうことが多く、やや使いづらい。

音質、音域のバランス(Mサイズの2層シリコンイヤーピース、Mサイズのイヤスタビライザ)
・音質は比較的良い。
・音域のバランスは低音域より。
・高音域は、伸びはかなりある。やや派手で、音によっては痛い印象も受ける。
・中音域は、大きな癖は無く聞きやすい。少し奥まった位置から聞こえる印象はある。また、やや軽やかな印象。
・低音域が最大の特徴。量は少し多い程度だが、とにかく重厚。これ以上に重厚な音を聞かせるイヤホンを探すのは難しいくらい。
・全体的に、非常に重厚な低音域が目立つが、他の音域も潰してはいない。いわゆる量感だけの低音では無い。
・イヤスタビライザ/イヤーチップを含め、しっかり密閉できる状態を作ること。そうでないと、この機種の本領は発揮されない。
・ボーカルは男女ともに比較的得意。
・サ行は少しだけ痛い。
・同社AH-C710の上位機種的な存在。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・とにかく重厚な低音域を聞きたい人向け。バランスも悪くない。
・本領を発揮させるために、しっかり密閉して聞くこと。
・音漏れ、遮音性ともに平均以上。
・本体が大きいのは残念だが、この形状だから、この音が出せるのかも。
・ケーブル途中にリモコンマイク機能を集中しない事によって、ケーブルが重くならない点は良い。そもそも不要であるが。
・リモコン用のボタンは、意図せず押してしまうことが多く、やや使いづらい。

スペック
・形式:ダイナミック/カナル型
・ドライバー:11.5mmx2(ダブルエアコンプレッションドライバー)
・出力音圧レベル:115dB/mW
・再生周波数帯域:4~25,000Hz
・最大入力:250mW
・インピーダンス:16Ω
・質量(コード含まず):13g
・コード:1.3m(Y字型、L字型4極ステレオミニプラグ)
・付属品:キャリングケース、金メッキ標準変換プラグ、シリコンイヤーピース(XS/S/M/L)、2層シリコンイヤーピース(S/M/L)、コンブライイヤーピース、イヤスタビライザ(S/M/L)
AH-C300
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試しに作成した表(試験運用中/データはAH-C300の物)
AH-C300 主な特徴
・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

AH-C300 音の特徴
・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback