AKG Q701のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/04 /2013 (Sun)

じゃんぱら秋葉原店にて19,800円で購入。中古品です。

主な特徴
・色は「ホワイト」「ブラック」「グリーン」の3色。
・コードは片出しで、長さは3か6m。プラグはステレオミニプラグでストレート型。
・ケーブルは着脱可能。
・コードの色は、全色共通で明るい緑色。しなやかで、クセは少し付きやすい。
・折りたたみ機構は無い
・デザインは良い。人によってはお洒落に見えるようだ。
・耳への装着は、アラウンドイヤー(耳覆い型)。
・装着感は良い。側圧は少し強め。
・重さは約235g(ケーブル除く)。特に重い印象は無い。
・ヘッドバンドの長さはあまり余裕が無い。
・イヤーパッドはサラサラした布製。触り心地も良い。
・イヤーパッドは深さはあまり問題なさそう。
・開放型なので音漏れは多い。
・遮音性は開放型なので悪い。
・ケースは付属しない。商品の箱自体がケースと思われる。
・音場はやや広い。それ以上に抜けや立体的な印象が強い。
・音量は非常に取りにくい。iPodなら最大音量の8割は必要。

リケーブルについて
・ケーブルは着脱可能。
・端子はミニXLR端子。他のAKGのヘッドホンや、「Pioneer HDJ-2000」にも使われている。

K701との差
・と言ってもK701は持っていません。
・K701よりは低音域の量が多いらしい。割と音も違うとの情報も。
・白色は見た目の判別が難しいが、横から見た際、黒色の丸いリングが見える。K701はこの部分がシルバー。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・海外並行輸入品は25,000円前後、国内代理店経由では50,000円前後が相場。
・今のところ偽物の噂は聞いたことが無い。
・箱と左耳側にシリアルナンバーが書いてある。これが同じでなければ怪しい。

音質、音域のバランス
・音質は良い。
・音域のバランスは、中~高音域より。
・高音域は、伸びはかなりあり繊細な音。一部派手に聞こえることもある。
・中音域は、聞こえる位置が近く、大きな癖も無く聞こえてくる。
・低音域は、比較的締まりのある音。ややゆったりした印象。
・全体的に、繊細で綺麗系な音。低音域は必要な量は出ているように感じる。
・バランス的には比較的万能型であるが、中~高音域が得意。低音がガンガン出る機種ではない。
・透明感があり、暖かみがあり、比較的ゆったりした音。
・(当然であるが)家で音楽を聞くという使い方が最も合っている。
・ボーカルは、男女ともに得意。この機種における、かなりの得意分野。
・サ行の痛さは、ややある。
・かなりの駆動力が必要な機種。なるべく良い機種に接続して使いたい。


音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆★
・全体的にハイレベルな機種。音質が良く、バランスもなかなか良い。
・ボーカルはかなり得意。
・開放型なので、遮音性は低く、音漏れも多い。
・音量は相当取りづらい。本当の音を聞きたいなら据置アンプとの接続が必要。

スペック
・タイプ:オープンエアーダイナミック
・カラー:ホワイト、ブラック、グリーン
・周波数特性:10Hz~39.8kHz
・感度(1mW):93dB SPL/mW
・インピーダンス:62Ω
・ケーブル:ケーブル着脱式/3m、6m(ミニXLR端子、片出し、ステレオミニプラグ)
・重量(ケーブル含まず):235g
・付属品:ステレオミニ→標準変換プラグ
Q701
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試しに作成した表(試験運用中/データはQ701の物)
Q701 主な特徴
・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

Q701 音の特徴
・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (6) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

いろいろ探してここにたどり着きました。
頻繁な更新すごいですね。

教えていただきたい事が有ります。
ここの記事とは関係ないのですがよろしくお願いします。

ipodでBluetoothを使用したいと思っています。
お気に入りのイヤフォンが有ります。
なので欲しいのはBluetoothの装置だけ。

いろいろ調べての候補は
ロジッテックの
「LBT-AVAR300」
apt-X、AAC,SBCコーデックに対応。
iOS4.3.1以降のiPhoneやiPadなどのiOS機器と組み合わせると高音質の音楽再生が可能です。

と書いてあります。

教えていただきたいのは、
「音は、つなげるイヤフォンなどの出力装置で決まるのか?」
という事です。

そうならばBluetoothの装置は、スペックだけが充実していれば良いのでは?と考えました。
よろしければお知恵を貸していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Posted at 14:44:45 2013/08/05 by うら

Comment

うら様
コメントありがとうございます。

基本的には仰る通りです。

Bluetoothはバージョンや機能によって、音質が異なります。無線で飛ばせるデータ量が違うからです。
それでも、音質の良いイヤホンによる音質差の方が大きいでしょう。

エレコムのホームページが分かりやすいので、参考にしてください。
http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=4702&category=242

Posted at 20:59:12 2013/08/05 by H.A

Comment

貴重なアドバイス感謝します。
子供がヘッドフォンに興味を持ったみたいで、いろいろ調べました。その種類の多さに訳が分からなくなって。でも一生懸命わかる努力をした結果。
スピーカーと同じで音は作るもの。
そのメーカーで種類が違うし、メーカーの中でもさらに音作りが違う。
ソニーの有名なモニターヘッドフォン。
それと相反する特色を持ったヘッドフォン。

同じようにイヤフォンもスピーカーを再現した小さな宇宙だと理解しています。
そのイヤフォンやヘッドフォンだけに特化したHPを作り、こんなに頻繁に更新しているなんてすばらしい事です。

じっくり時間をかけて、このHPを読んで行きたいと思っています。
ありがとうございました。

Posted at 23:53:04 2013/08/05 by うら

Comment

良いですね

オーディオにはとんと疎い私ですがQ701の自然な音の聴こえ方に惚れ込み、初めて購入するヘッドフォンにQ701を選びました。量販店店内での騒音に包まれた劣悪な環境の中での視聴でもこの機種の音の良さを実感しましたが、自宅の静かな環境の中で聴くと更にその良さが増して聴こえました。更にお値段の高い機種を含めて未だにこの機種以上に私の耳に合う音質のヘッドフォンに出会ったことはありません。

Posted at 02:20:50 2014/12/24 by オーディオ素人

Comment

No Subject

オーディオ素人様
コメントありがとうございます。

AKGは「K712PRO」や「K702」もありますが「Q701」とほぼ差は無く、好みで選べます。
一方で10万円を超える「K812」はイマイチでしたね。

Posted at 21:42:19 2014/12/24 by H.A

Comment

同感です

とても買える値段ではないと知りつつもお店側で音源が用意された店舗で私もK812を視聴したことがあります。感想は私も同感でその高額なお値段に反して「イマイチ」でした。というよりも私にはK812よりQ701の方がはるかに私の耳に心地良く聴こえるので、私の耳の感覚は他の人とはズレているのかとずうっと思い込んでいましたが、今回他にも同じ感想を持つ人がいると知り心底ほっとしております。また、Q701の倍近い値段のK712も同じお店で視聴してみましたが、値段がこんなに違うにも関わらずK712の方が低音が少し強めに聴こえる程度にしか私の耳には感じませんでした。私の聴覚はその程度なのです。なのでこの三機種の中では私にはやはり圧倒的にお値段がお買得のQ701が一番合っていると思います。長文失礼しました。

Posted at 01:39:53 2014/12/27 by オーディオ素人

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback