audio-technica ATH-W10VTGのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  07/01 /2013 (Mon)

オーディオユニオンにて19,800円で購入。中古品です。


主な特徴
・生産終了。1996年販売開始、1999年頃に販売終了。
・色は木目のみ。
・飛騨高山産ミズメ桜無垢材をハウジングに採用。このあとの機種から北海道産アサダ桜を採用。ATH-W5000は黒檀材。
・ケーブルは片出し。長さは3.5m。ストレート型ステレオミニプラグ。
・ケーブルの着脱は不可能。
・ケーブルの色は茶色で布巻き。癖は非常に付きにくい。
・折りたたみ機構は無い。
・デザインは非常に良い。
・耳への装着は、アラウンドイヤー(耳覆い型)。
・イヤーパッドを革製。天然コラーゲンを配合したイヤーパッド。
・交換イヤーパッドはHP-W1000。サイズは合うが、人工皮革クラリーノなので物自体は違うはず。
・重さは約370g(コード含まず)。やや重い印象。
・ヘッドバンドはフリーアジャスト。長さは少し余裕がある。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は見当たらない。見た目より漏れない。外で使う人は少ないでしょうが、一応使えるレベル。
・遮音性はヘッドホンとしては比較的高め。
・収納ポーチ類は付属しない。
・音場は狭い。全ての音域が中央付近に集まる。
・音量は、やや取りにくい。iPodなら最大音量の7.5割程度で十分。
・オーテクのウッド(W)シリーズで、一番最初の製品である。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・生産終了で、新品は無く中古のみ。
・定価は38,000円。
・個数限定品ではない。

音質、音域のバランス
・音質は良い。
・音域のバランスは、かなりフラット。
・高音域は、ややまろやかであるが、バイオリンやピアノ系は少し派手に響く。伸びもそれなりにある。
・中音域は、少し柔らかめであるが、大きな癖が無く、非常に聞きやすい。一番得意な音域。
・低音域は、やや柔らかめであるが質は良い。音場の位置の関係で、やや存在感が薄め。
・全体的には、充実した中音域が大きな特徴。レンジは少し狭い。
・一部派手な音も聞こえるが、基本的には柔らかめの音。
・低音を重視するヘッドホンではない。
・iPod直挿しでも、かなり良い音で聞けるのは良い。
・ボーカルは位置が非常に近く、男女ともに得意。少し派手に聞こえる。
・サ行の痛さは、やや痛い。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆★
・中古でも貴重品。
・全体的には柔らかめであるが、時々派手な音が混ざる。バランスや音質は良い。レンジは少し狭い。
・見た目より音漏れは少なく、遮音性もそれなりにある。
・このサイズのヘッドホンとしては珍しくステレオミニプラグである。これ以降の機種はステレオ標準プラグになる。
・個人的に、かなりお気に入りです。

スペック
・定価:38,000円
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバー:53mm(スーパーハードコート・ダイアフラム、スーパーハイクラスOFC8Nボビン巻きボイスコイル)
・ハウジング:飛騨高山産ミズメ桜無垢材
・出力音圧レベル:100dB/mW
・再生周波数帯域:5~30,000Hz
・最大入力:2,000mW
・インピーダンス:48Ω
・質量(コード除く):約370g
・イヤーパッド:天然コラーゲン配合レザー
・プラグ:標準/ミニ金メッキステレオ2ウェイ
・コード:シルク100%/PCOCC/3.5m(片出し)
・付属品:ステレオミニ→ステレオ標準変換プラグ
ATH-W10VTG
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試しに作成した表(試験運用中/データはATH-W10VTGの物)
ATH-W10VTG 主な特徴
・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

ATH-W10VTG 音の特徴
・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback