Pioneer SE-MJ751のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  05/19 /2013 (Sun)

フジヤエービックにて5,980円で購入。

主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・ケーブルは片出し。長さは1.2m。ストレート型ステレオミニプラグ。
・ケーブルの着脱は可能。
・ヘッドホン側の入力ジャックはステレオミニ。ただし、ジャックが少し奥にあるので、細めのプラグでないと入らない。
・ケーブルの色は白色。少し癖が付きやすい。それ以上に汚れが目立つ。
・折りたたみ機構は無い
・デザインは良い。白と黒のツートンカラー。
・耳への装着は、オンイヤー(耳乗せ型)。
・装着感は少し悪い。側圧は少し強い。やや硬めのイヤーパッド。
・重さは200g。比較的軽い。
・ヘッドバンドの長さは、少し余裕がある。
・イヤーパッドはレザータイプ。白色。
・音漏れは比較的少ない。音抜けの穴は見つからない。中の音が響いているようだ。電車バスなら問題ない。
・遮音性はヘッドホンとしては比較的高い。
・ポーチ類は付属しない。
・音量はやや取りにくい。iPodなら最大音量の7割程度で十分。
・音場は少し狭い。

様々な特徴
・低音再生用40mmユニットと中高音再生用30mmユニットの2wayユニット構造。
・大型ジョグダイヤルで音楽ジャンルに合わせて低音をコントロールできる新開発BASS LEVEL CONTROL機能搭載。ダイヤルを回すことによって低音の量を調

整可能。
・ステレオミニ端子によるリケーブルが容易。
・左右判別が容易なカラードスピーカープロテクター仕様(右:赤、左:黒)

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は4,580円。
・販売当時は6,980円が基準価格だったように感じるが、最近は値下がり傾向。

音質、音域のバランス(ダイヤルはMIN)
・音質は少し良い。
・音域のバランスは少し低音域が強めのドンシャリ。
・高音域は、痛さや派手さはやや感じる。伸びはそこそこ程度。
・中音域は、少しだけ派手。他の音域より少し遠い印象はある。
・低音域は、比較的締まりのある音。ダイヤル最小でも十分な低音域の量は確保される。
・ダイヤルを回すと、低音域の量が多くなり、全体的に音が派手になる。
・ダイヤル自体は、低音用ドライバのドア開閉のような機能。MINなら少しドアが開いた状態、MAXならドア全開と言ったところか。
・全体的にやや派手で、攻めて来るようなガッツリとした音。綺麗さや繊細さは欠ける。
・初心者の1台目のヘッドホンとしても面白い機種。
・機種の傾向から考えれば、外で使うのが良い。家でゆっくり聞くには向かない印象。
・ケーブルを変えるとだいぶ音が変わるので、色々試しても面白い。
・ボーカルは、男女ともにそこそこ。やや派手に聞こえる。
・サ行の痛さは、あまり感じない。

音質☆☆☆(☆☆☆★と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質は中々。
・色々な機能を持つので面白い。
・やや派手で低音重視な音。初心者や低音好きに良いと思う機種。
・遮音性はそれなりに高く、音漏れは少ない。音的にも外用。
・出来るならケーブルは交換推奨。

スペック
・型番:SE-MJ751
・型式:密閉型ダイナミック(デュアルドライバ)
・再生周波数帯域:8Hz~28000Hz
・インピーダンス:16Ω
・最大入力(JEITA):1000mW
・出力音圧レベル:104dB
・使用ユニット:40mm/30mm
・コード長:1.2m(ストレート型ステレオミニ、着脱可能)
・質量(コード除く):200g
・付属品:なし
SE-MJ751
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback