FC2ブログ

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Top Page › 特集 › ~特集~ アイティメディア株式会社のブロガー限定 タッチ・アンド・トライイベントに参加しました
2013-04-25 (Thu) 00:16

~特集~ アイティメディア株式会社のブロガー限定 タッチ・アンド・トライイベントに参加しました

2013年4月24日(水)19:30~21:00まで開催されたイベントに参加しました。

イベントの概要はこちら。

写真、画像はクリックすると拡大します。

会場全体写真(顔を出さないよう、意図的にトリミングしています)
1会場全体写真

・1時間半のイベントでしたが、試聴時間は30分。
2スケジュール写真

・他の時間は機種の紹介や、パワーポイントでのプレゼン。
3登壇者一覧

4登壇者一覧

5プレゼン写真

・試聴時間は、各席に「JVCケンウッド HA-SZ2000」と「JVCケンウッド HA-SZ1000」が置かれ、全員が均等に試聴できた。
6テーブル写真

・その他、分解したヘッドホンやポスター等が展示されていた。
7ポスター写真

8HA-SZ2000

9HA-SZ1000

10分解写真


感想など

・ブロガー向けとは思えないスケジュールのイベントであった。
・「”音”好きブロガー大募集」という題名が先行し、実際に主催者が集めたかった「ヘッドホン好き」はどの程度いたのか、かなり疑問である。
・非常に専門的なプレゼンが行われていた。
・プレゼンでも「マニア向けの説明で気合が入っています」と言っていたが、違うだろうと思った。
・個人的には、大量のヘッドホン類を用意し、皆でワイワイ聞いて感想を言い合うイベントだと思っていたので意外だった。
・計30分の試聴時間は短すぎる。

・参加者は25~30名程度。
・私は早い時間に到着し、あとから参加者が次々と来るが、イヤホン・ヘッドホンを装着している人は少なかった。
・ポタアンや高級ヘッドホンを持ち込む人が少なく、主催側の意図して集めたい「ヘッドホン好き」とは違うような印象の人が多かった。
・なお、「ヘッドホン祭」「ポタ研」「ポタフェス」を知らない人も結構いた。


新作ヘッドホンのコンセプト

・家、外の両方で使うための機種。
・特にポータブル用を意識した。
・ジャンルは限定していない。
・開発者の好きな曲でチューニングしている。


ヘッドホンの感想

・AV評論家 潮氏が言っていた「ケーブルが短い」。これは端的に「据置機器用ヘッドホンだろう」という意味と思う。
・個人的にも、この性能は据置機器用のヘッドホン。
・iPod直挿しで聞いても、音が薄く、重低音がボンボン出て、ぼやけた印象が強い。
・iPod→HP-P1→DR.DACと、比較的据置に近い環境で聞いたところ、かなり迫力が出て、バランス・印象もだいぶ良くなった。
・重さ480g(HA-SZ1000は450g)はポータブルではない。思ったよりは重くなかった。
・サイズも大きく、ポータブル向きではない。


私がJVCケンウッドに聞いた質問事項

・ケンウッド側のヘッドホン製品の今後
→JVC側のヘッドホンを販売する。ケンウッド製品は販売する予定は無い。

・「HA-FXZ200/100」「HA-FXT90」にネットワークを組まなかった理由
→ネックワーク部品を組むと、部品が小さくなり、質の低いものしか使えない。なら使わないほうが良い、との認識。

・ビクター高級ヘッドホンの販売予定。
・高級ダイナミック型イヤホンの販売予定。
・BAイヤホンの販売予定。
・BA+ダイナミック型のハイブリッドイヤホンの販売予定。
→今のところ販売予定無し。

・「HA-MX10-B」の短いケーブルバージョン、もしくはケーブルの切り詰めサービス(有料)
→検討したい。

・音漏れしやすいが人気のある「HA-FX3X」、音漏れしにくい後継機は?
→今のところ無し。音漏れする(音が抜ける)から、あの音が出せる。

・「HA-DX2000」の販売予定。
→無い。なお、「HP-DX1000」と中身は同じで、デザインだけの違い。

・型番が「HP・・・」で始まる機種を、一斉に「HA・・・」に切り替える予定。
→無い。古い機種なので、徐々に減っていくと認識。「HP-FX500」が簡単に生産終了になるとは思えないが。

・それなりの価格での開放型イヤホンの販売予定。カナル型が苦手な人もいるので。
→今すぐ販売は無いが、検討したい。

・新たなノイズキャンセリングイヤホン/ヘッドホンの販売予定
→今のところ販売予定無し。SONYとBOSEが強すぎる。

・新作DAPの予定。
→一度失敗している事業なので難しい。


最後に

・「”音”好きブロガー大募集」というフレーズが先行し、「単に音楽を聞くのが好きな人」が多かった印象。
・「音を聞く」が主体となるべきであり、試聴時間や、試聴中に自由に質疑応答できる時間を増やすべきであると思う。
・参加者はブログに記事をアップする必要がありますが、特に参加賞や交通費はありませんでした。


オマケ

・「豪華景品がもらえる!ジャンケン大会」がありましたが、優勝者は私でした。
11目録写真

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可