MONSTER CABLE beats by dr.dre Beats Pro DETOX Limited Editionのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  04/14 /2013 (Sun)

フジヤエービックにて38,000円で購入。中古品です。
主な特徴
・生産終了。日本国内では500台限定。
・色は「ブラック」のみ。
・ケーブルは片出し。長さは1.8m(途中にあるカールコード伸長時は2.1m)。
・プラグはステレオミニプラグでL字型。
・ケーブルの着脱が可能。ヘッドホン側のプラグはステレオミニ。ただし、深い位置にあるので、細めのプラグでないと刺さらない。
・コードの色は本体色と同じ黒色。
・折りたたみ機構がある。本体内側にハウジングが回転する。
・デザインは非常に良い。正直、デザインだけで購入した。
・耳への装着は、アラウンドイヤー(耳覆い型)。
・装着感は悪い。側圧はかなり強い。
・重さは400gと重い。
・ヘッドバンドの長さは、わずかに余裕がある。私がほぼ限界まで広げて使用。装着できない人もいると思われる。
・イヤーパッドは革製。触り心地も良い。
・音漏れは比較的少ない。特に音抜けの穴は見当たらない。電車バスなら問題ないレベル。
・遮音性はヘッドホンとしては少し高め。カナル型イヤホンよりは少し低い。
・ポーチが付属するが、私の持っている物は中古なので付属していなかった。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5割程度で十分。
・音場の広さは、やや広い。後ろから響いてくる。

少し面白い機能
・この機種は、左右両方にケーブルを接続できる。つまり、ケーブルの左/右出しの両方が可能。
・更に、別のステレオミニプラグケーブルを用意し、別々の機器に接続(両出し)すると、別々の音が出る。
・具体例としては、L側をiPodと接続、R側をウォークマンと接続して再生すると、L側からはiPodの音が、R側からはウォークマンからの音が聞こえる。
・1つのヘッドホンで、テレビとパソコン両方の音を聞くといった使い方も可能。
・現在販売している「Beats Pro」も同様。

「Beats Pro DETOX」と「Beats Pro」の違い
・基本的には色/デザイン違いで性能に差は無い。
・「Beats Pro DETOX」の販売時は「MONSTER CABLE」と「beats」が提携していた頃なので、MONSTER CABLEのロゴがある。
・現在は「beats」が単独で販売している。
・提携時は「MONSTER CABLE」のケーブルを使用していた。現在は違う。
・ケーブルの違いによる音質差はあるかもしれない。ちなみに提携時より長さが30cm短くなった。
・単独販売時からは、アップル製品対応のリモコン/マイクケーブルが付属するようになった。
参考ページ-1参考ページ-2

本物、偽物
・良く聞かれる偽物の話。
・日本で入手する場合は、日本の正規輸入代理店である「完実電気株式会社」の保証書が入っている物が望ましい。
・「並行輸入品は基本的に偽物」という感覚が必要。それだけ偽物は横行している。
・一部で「並行輸入品なので半額」と販売する店舗がある。しかし、アメリカのamazonでも見れば分かるが、日本と販売価格はほとんど変わらない。海外送料が数千円であること考えれば、当然ながら半額で利益が出るはずが無い。
・「正規品を取り扱うオンラインショップ一覧(完実電気株式会社のページ)」といった情報もある。
・アップルストアは並行輸入品であるが、直接beatsと取引をしているようで、本物のようである(あの店なら偽物は無いでしょう的な感覚)。
・ちなみに、音に関しては、本物と偽物は全然違うようだ。私は聞いたことが無いが。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・現在、新品は無い。販売当時、量販店では54,800円前後で販売していいた。
・中古では40,000円前後。数は少ない。

音質、音域のバランス
・音質は比較的良い。
・音域のバランスは、低音域より。
・中~高音域が出ていないのではなく、低音域が重厚すぎるので、このバランス。
・高音域は、単体で見れば、少し派手ではあるものの綺麗な音が出る。伸びも比較的ある。
・中音域は、単体で見れば、少し派手さはあるが、力強く、極端な癖が無い。
・低音域は、量が非常に多く、非常に重厚な音であるが、ややぼやけた印象。
・全体的に量感豊かな低音域が最大の特長。
・iPod直挿しでは、ややぼやけた印象が強い。
・出力の強めなアンプ類と接続すると、かなりスッキリとした印象になる(相変わらず低音域が強いが)。
・ボーカルは、女性の方が得意。男性は歌い手に左右される。
・サ行の痛さは、やや感じる。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆(アンプ類との接続前提なら☆☆☆☆★)
・音質はそこそこ。
・低音域、特に重低音重視。
・装着感は悪い。重く、側圧が強い。
・デザインは非常に良い。
・遮音性、音漏れ等は標準以上。
・デザインを重視する初心者が買う傾向もあるが、中身は中~上級者向け。出来ればアンプ類に接続して使いたい。

スペック
・ドライバー:密閉ダイナミック
・ドライバー口径:不明(メーカーサイト記載無し)
・再生帯域:不明(メーカーサイト記載無し)
・インピーダンス:不明(メーカーサイト記載無し)
・音圧レベル:不明(メーカーサイト記載無し)
・ケーブル:1.8~2.1m(片出し、途中にカールコードあり、L字型ステレオミニプラグ)
・重さ:400g
・付属品:ステレオミニ→標準変換アダプタ、キャリングケース、抗菌クリーニングクロス
メーカーサイトはこちら(現在販売しているbeats Proののページ)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback