ninewave NW-STUDIOのレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/03 /2013 (Sun)

eイヤホンにて3,780円で購入。中古品です。
主な特徴
・今や珍しいとさえ言えるオープンエアー型のイヤホン。
・色は「ブラック/シルバー」のみ。
・コードは0.98m。Y字型でストレート型プラグ。
・ドライバーユニットは13.4mm。
・タッチノイズは、やや多め。
・コードの癖は、かなり付きやすい。
・ケース類は付属しない。
・開放型なので音漏れするが、音を聞く部分以外では音抜けの穴が無く、開放型としては音漏れが少ない。電車内などで使用する場合は音量に注意。
・装着感は良いが。イヤーパッドを使わないと外れやすい。
・遮音性は、開放型なので、ほとんどない。
・音場は広くないが、定位は良いように感じる。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6割で十分。
・デザインは普通。9wの文字が赤い方がR側と分かりやすい点も良い。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・直販(イーフロンティア)では5,980円。
・通販最安値は4,000円を切る。
・量販店では4,400円程度。
・最近になって、ずいぶんと安くなったが、何かあったのだろうか。

音質、音域のバランス(イヤーパッドあり)
・音質は中々良い。
・音域のバランスは、かなりフラット。
・高音域は、綺麗に聞こえるが少し派手。伸びはそれなり。
・中音域は少し遠く聞こえる場合もあるが、大きな癖が無く安心して聞ける。
・低音域はタイトで、しっかり鳴っている。曲によっては少し聞こえづらい場合も。
・全般的には、大きな癖が無く安心して聞ける。音の分離も良い。
・外では低音域は不足気味かも。
・やや密閉型っぽい聞こえ方をする。
・今では数少ないオープンエアー型。価格帯もそれほど高くなく、カナル型の苦手な人なら候補に入れて欲しい機種。
・ボーカルは男女共に得意。ただ歌い手によって、やや遠く聞こえることもある。
・サ行の痛さは、やや痛い。
・イヤーパッドありで記載したが、イヤーパッドなしでは分離がイマイチ。イヤーパッドあり前提の音作りにしているように聞こえる。

音質☆☆☆(☆☆☆★にやや近い)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★(☆☆☆☆☆と迷いました)

オススメ度☆☆☆☆★
・音質自体も中々良く、バランスも取れている。
・今では珍しいオープンエアーイヤホン。
・比較的音漏れしづらいとはいえ、開放型なので音漏れには注意
・知名度が低く、下位機種であるが、上位機種より自然な聞こえ方。
・カナル型が苦手な人は候補にして欲しい機種。
・ケース類が無い、ケーブルの癖が付きやすいのは残念。
・ケーブルの長さが、約1mというのは珍しい。

スペック
・形式:オープンエアーダイナミック型
・ドライバーユニット:口径13.4mm
・再生周波数帯域:20Hz~20kHz
・出力音圧レベル(感度):113dB ±3dB
・インピーダンス:32Ω ±15%
・コード:980mm(Y字型コード、ストレート型プラグ)
・カラー:ブラック/シルバー
・本体質量:11g ±0.5g
・同梱品:イヤーパッド(2セット)、マニュアル、保証書
NW-STUDIO
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback