SONY PFR-V1のレビュー

Category: スピーカーレビュー  02/17 /2013 (Sun)

オーディオユニオン新宿店にて21,800円で購入。中古品です。
主な特徴
・パーソナルフィールドスピーカーなので「スピーカーレビュー」に分類します。
・生産終了。
・色は「ブラック」のみ。
・折りたたみ機構は無い。
・デザインは奇抜でメカニック。
・耳への装着は、オンイヤー(耳乗せ型)でもアラウンドイヤー(耳覆い型)でもない。バスレフダクト(金属部分)を耳に乗せると言う意味では、ヘッドパッドはあるものの、イヤホンに近いかもしれない。
・装着感は良い。最初は上手く調整したい。そうしないと特に低音域が出ない。バスレフダクト(金属部分)を耳に乗せる点において、人によって良し悪しが分かれそう。
・ヘッドバンドの長さの余裕は、ややある。
・イヤーパッドは無い。
・音漏れ防止は無く、ほぼ全ての音が外に出る。開放型ヘッドホンより漏れる。スピーカーなので仕方ない。
・遮音性は無い。
・革製ケースが付属。本体の形状に合わせている。内側にポケットがあり、延長ケーブル等の付属品も細かく収納できる。
・音場は非常に開放的。加えて定位が良いように聞こえる。
・音量は取りやすい。ブースター使用時はiPodなら最大音量の6割程度で十分。ブースター不使用だと8割程度必要。

・ブースターのスイッチ類は電源のON/OFFのみ。加えてステレオミニジャックがあるだけ。ボリュームコントロールなどは無い。
・電源は単4電池2本。駆動時間は不明で、メーカーサイトにも記載なし。
・ブースターの代わりにヘッドホンアンプを使う手もある。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・生産終了のため、新品の購入は難しい。
・と言っても、数ヶ月前、とあるビックカメラでは30,000円程度で新品が置いてあった。
・販売当時は39,800円前後で販売されていた。
・中古では2万円前後が相場。

音質、音域のバランス
・ブースターを使用する前提で掲載。
・ブースターが無いと音が薄い・擦れた印象で、あまり良くない。
・逆を言えば、ブースターの無い中古品は良くない、ということ。

・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは、やや高音域より。
・高音域は、やや伸びる。量的には多いが、鮮やかで、相当派手。「キラキラしている」という表現をする人もいるかも。
・中音域は、位置が近く聞き取りやすい。少しだけ軽く聞こえ、癖があるのが残念。また、ブースターの有無でかなり変わってしまう。
・低音域は、しっかり出るが存在感が薄め。バスレフダクト(金属部分)をしっかり耳に乗せないと減ってしまうので注意。
・全体的に、スピーカーと言うジャンルであることから、開放感のある音が最大の特徴。やや音が軽く上ずった印象はあるが全般的には悪くない。
・最近のヘッドホンと比較すると低音域は控えめに感じるかも。また、情報量が非常に多い特徴がある。
・ボーカルは、女性の方が得意。男性も悪くないが歌い手を選ぶ。
・サ行の痛さは、かなり感じる。
・スピーカーなので、適当に吊り下げて使っても音が問題なく聞こえる。低音域は更に控えめになってしまうが。

音質☆☆☆☆(☆☆☆☆★と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★(☆☆☆☆と迷いました)

オススメ度☆☆☆☆★
・バスレフダクト(金属部分)への装着感で評価は変わるが、音自体は良いと思う。
・評価が全然変わるため、出来る限りブースターは使用した方が良い。無い場合はヘッドホンアンプ類で代用。
・音質も中々であるが、最大の特徴は開放感。開放型ヘッドホンでも簡単には体験できない。
・音漏れはほぼ駄々漏れ。遮音性も無い。家での使用に限られる。
・やや派手ですが、個人的には好みです。

スペック
・型式:フルレンジダイナミック型
・スピーカーユニット:口径21mm(オールパーメンジュール磁気回路搭載)
・感度:93dB/mW
・再生周波数帯域:35-25,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・出力(JEITA):60mW
・電源:単4形乾電池×2(ブースター使用時)
・接続コード長:約1m(ブースター:約0.7m)
・質量:約96g
・付属品:ブースター、延長コード(約3m)、ステレオ2ウェイプラグ、キャリングケース
PFR-V1
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback