MONSTER diddy beats Controltalkのレビュー

Category: イヤホンレビュー  01/20 /2013 (Sun)

フジヤジャンク市にて3,500円で購入。ジャンク品です。
主な特徴
・生産終了。
・色は「ブラック」「レッド」「クリーム(ホワイト)」「レッド」の4色。
・ケーブルの色は本体の色と同様でフラットケーブル。1.2mでY字型でリモコンマイク付、L字型・4極ミニプラグ。
・リモコンマイクはiPod等に対応。Androidには対応しない。
・リモコンマイクは、音量の上下に加えて、1ボタン式。1回押すと再生/一時停止(>||)、2回押すと次の曲へ(>>)、3回押すと前の曲へ移動する(<<)。
・ケーブルのクセは、付きにくい。やや固めで丈夫そうに見える。タッチノイズはやや多い部類。
・イヤーチップはソフトイヤーチップ5サイズ、トリプルフランジ2サイズ、フォームイヤーチップ1サイズが付属。なお、私はジャンク品だったので1種類しか付属していなかった。
・装着感は比較的良い。
・装着方法は、通常通り、耳から垂らす方法。タッチノイズが気になる人は、耳にケーブルを沿わせる方法でも装着は可能。
・ポーチが付属。ジャンク品なので付属せず、どういったものか不明。
・本体のデザインは普通。色はともかく、大げさなデザインではない。
・音漏れは、かなり少ない部類。音抜けの穴は無い。電車・バス・図書館でも問題ない。
・遮音性は、やや高い。
・音場の広さは少し狭い傾向普通。やや後方から音が聞こえてくる。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割程度で十分。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・現在は生産終了。
・量販店価格は19,800円前後で販売されていた。
・中古は12,000円前後。
・時々、量販店で生産終了に伴う特価販売されている事も。大体9,800円が相場。

音質、音域のバランス(Mサイズのソフト(シリコン)イヤーチップ)
・音質はそこそこ。
・音域のバランスは低音域より。
・高音域は伸びはかなりある。綺麗系な音で、痛さや疲れる印象は無い。
・中音域は、やや奥まった位置から聞こえてくる。位置的に近いので大きな不足感は無い。落ち着いた印象で癖は少ない。
・低音域が最大の特徴。これが無いと特徴の無い機種になる。それなりに締まりはあるが(言い方が変であるが)弾けるような沈まない音が特徴的。
・全体的には、低音域の量が大きな特徴になるが、他の音域でも、それなりに良い点もある。
・サ行の痛さは少し感じる。
・ボーカルは女性の方が得意。男性も得意であるが、歌い手によっては少し苦手な場合があるようだ。
・低音域の量の変化は非常に分かりやすいので、低音好きの初心者向けも良いかも。生産終了であるが。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・生産終了は割と勿体無いのでは?
・もとの19,800円と考えると、やや割高感はあるが、1万円前後で低音重視なら候補。
・音漏れは少なく、遮音性も比較的高い。
・低音域の量の変化は分かりやすい。低音・低音と言う初心者に聞かせるとハマるかも。

スペック
・ドライバーユニット:ダイナミック
・周波数特性:不明(メーカーサイト記載なし)
・インピーダンス:不明(メーカーサイト記載なし)
・音圧感度(1kHz):不明(メーカーサイト記載なし)
・ケーブル:1.2m(Y字型フラットケーブル、リモコンマイク付(1ボタン)、L字型プラグ)
・重量:24g
・付属品:ソフトイヤーチップ5サイズ、トリプルフランジ2サイズ、フォームイヤーチップ1サイズ、キャリングポーチ、シャツクリップ
diddy beats Controltalk
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback