beyerdynamic DT860のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  12/23 /2012 (Sun)

eイヤホン秋葉原店にて6,980円で購入。
ジャンク品でしたが、問題なく稼動。
なお、イヤーパッドがなく、別途購入。
主な特徴
・生産終了品。
・色は「シルバー」のみ。
・コードは片出しで、長さは約3m。プラグはステレオミニプラグでストレート型。
・ステレオミニ→標準プラグへの変換プラグが付属。
・ケーブルは着脱不可能。
・コードの色は黒色。クセはやや付きやすい。
・折りたたみ機構があり、ハウジングが90度回転するスイーベル機構と、内側に本体を折りたためる機構の2種類。
・デザインは普通。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い型)。
・装着感は比較的良い。側圧はややある。
・イヤーパッドは布製。スウェットの様な素材。ややざらつきがある。
・音漏れは、かなりある。開放型ヘッドホンなので仕方ない。
・遮音性は、あまり無い。
・重さはやや感じる。重量は340g (コード含まず)。
・ポーチ等は中古なので付属していなかった。ケースが付属しているらしい。
・音量はやや取りにくい。iPodなら最大音量の7割程度必要。
・音場は広くない。音自体が近く、密閉型に近い印象。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・現在は生産終了。
・以前は18,000前後で販売されていた。

音質、音域のバランス
・音質は中々良い。
・音域のバランスは、やや高音域より。
・高音域は、伸びはそこそこ。刺激的な印象はあまり無い。一部バイオリンの音がキツく感じることはある。そして平面的な印象を受ける。
・中音域は、響きがあっさりとしている。かなり奥まった位置から大音量で耳の近くまで届けているような印象。極端な癖は無いが、鮮やかさに欠ける印象。
・低音域は、締まり・質・量も十分。位置が不思議な印象を受ける。中音域と被るような位置関係。
・全体的に極端な癖は無く、割と普通。しかし、これは音場が狭めな密閉型っぽい音。
・J-POP系は得意に感じる。逆にクラシックは不得意ジャンルのように聞こえる。
・当然ながら家専用。外では使えません。
・ボーカルは女性ボーカルの方が得意。おそらく、このヘッドホンが一番得意とする音は女性ボーカル。男性も悪くないが、やや位置が遠い。
・サ行の痛さは、あまり感じない。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆
・細かく見れば色々あるが、全般的に見れば、割と普通。その代わり密閉型みたいな音。個人的には密閉型に近い、半開放型的な音。
・音漏れし放題、遮音性は無いため、当然ながら家専用。
・イヤーパッドを別の物に変えたいが、現行機のbeyerdynamicのヘッドホンとはサイズが違うと思われる。
・生産終了品。後継機はDT860 Edition 2007であるが、音が違うらしい。

スペック
・形式:ダイナミック
・タイプ:開放型
・再生周波数帯域:5~35,000Hz
・インピーダンス:32Ω
・感度:97dB/mW
・歪率:0.1%以下
・ケーブル長:約3m (片出し、ストレートステレオミニプラグ)
・重量:約340g (ケーブル除く)
・付属品:ケース、ステレオ標準変換プラグ
DT860
メーカーサイトはこちら(見つからないので、ヘッドホンナビにリンク)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback