SONY MDR-NC33のレビュー

Category: NCヘッドホン・イヤホンレビュー  12/08 /2012 (Sat)

ビックカメラ有楽町店にて3,480円でバイオレットを購入。
新品処分品ですが、現行品です。
主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」「バイオレット」「レッド」の4色。
・ケーブルの色は、本体色ホワイトでは白色。他の色では黒色のケーブル。長さは約1.2m(コントロールボックス含む)でOFCリッツ線。u字型コード、L字型プラグ。
・ケーブルのクセは付きやすい。柔らかい特徴がある。タッチノイズは普通。
・イヤーチップはハイブリッドイヤーピース(S/M/L)。
・装着感は良い。
・装着方法は、通常通りケーブルを下に垂らす方法。耳にケーブルを沿わせる方法では装着しづらい。
・布製ポーチが付属。やや大きめであるが、付属品も全て入るので使いやすい。
・本体のデザインは普通。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は背面のマイク部分と側面の切り込み。電車・バスでは問題ない。図書館では厳しいかも。騒音が無いので使う必要は無い。
・遮音性は、やや高い部類。
・音量は非常に取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割程度必要。
・音場の広さは普通。

ノイズキャンセリング(以下NC)機能について
・単4電池1本で100時間と長時間駆動。
・電池ボックスには「NC機能ON・OFFスイッチ」「クリップ」「モニターボタン」がある。「ボリュームコントロール」は無い。
・電池ボックスは、少し大きめ。もうちょっと小さい良いと思う。
・NC機能はOFFでも音楽は流れる。
・NC機能はONでもOFFでも音質は変わらない。ONにすると少し音量が下がる。
・NC性能そのものは、それなりに高い部類。

NC性能を確かめるため、東急線で以下のことを確かめた。
・地下鉄ホームにおいてある空調の音で「ゴー」という騒音は、かなり消えた。
・男性、女性の声(アナウンス含む)は、少し遠く感じる程度。問題なく聞き取れる。
・電車内の空調の音はほぼ消えた。
・電車が加速する際の「ウィーン」という音や「サー」は、あまりキャンセル出来なかった。
・前作MDR-NC22と性能は変わらない気がする。心なしか少し弱くなった?電池の持ちは良くなったが。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・量販店では、7,980円が基本価格であったが、最近は6,000円以下まで値下げしている模様。
・通販最安値は5,000円前後。
・何故ビックカメラは処分品扱いしていたのか。仕様が変わっている可能性が高い(後述)。

音質、音域のバランス(Mサイズイヤーチップ)
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスはドンシャリ。
・高音域は、量が多めだが、スッキリとした印象。伸びはほとんど無い。
・中音域は、少し奥から聞こえる印象。派手さは無く、あっさりとした印象。
・低音域は量自体は出ているが、それなり締まりがある。底で鳴っている印象。
・全体的にバランスはドンシャリであるが、あっさりと大人しい音。ある意味「小ぢんまり」としている。
・ボーカルは全体的にやや苦手な印象。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆★
・全体的に非常にあっさりとした音が印象的。
・NCイヤホンとしては、NC機能も音質もそこそこ。
・NC機能のON・OFFで音質が変わらない。音量が少し変わる程度。
・気軽使える機種と言えそう。
・「付属延長コード:約0.3m」があり、そのコードはL字型とメーカーページに記載。私の持っている物にそんな物は無いぞ。


スペック

ヘッドホン部(私が持っている物)
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:口径13.5mm(CCAWボイスコイル採用)
・感度:98dB/mW(電源ON時)、99dB/mW(電源OFF時)
・再生周波数帯域:10-22,000Hz
・インピーダンス:16Ω(電源ON時)、16Ω(電源OFF時)
・最大入力:50mW
・コード:約1.2m(OFCリッツ線、u字型コード、L字型プラグ)
・電源:単4形乾電池
・電池持続時間:約100時間(アルカリ乾電池使用時)
・質量:ヘッドホン:約7g(コード含まず)
・コントロールボックス:約19g(コード含まず・電池含む)

ノイズキャンセリング
・総騒音抑制量(TNSR):約10dB(約90%)
MDR-NC33
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback