ALTEC LANSING UHP307のレビュー

Category: イヤホンレビュー  10/06 /2012 (Sat)

秋葉原のソフマップにて980円で購入。
主な特徴
・生産終了。
・色は「シルバー」のみ。
・ケーブルは長さ1.2m。布巻き・グレー色でY字型。プラグはL字型(実際にはrに近い)。
・ケーブルのクセは、やや付きやすい。タッチノイズは強烈だが開放型なので、大きく気にはならない。
・ケーブル途中にボリュームコントロールがある。音量を最小にすると、ほぼ音が消える。
・耳かけ型であり、インナーイヤフォンにスチール製のイヤーハンガーを搭載。
・ハンガーはシリコンに覆われており非常に外れにくい。スポーツなどでの使用も想定。
・耐湿設計でもある。イヤーキャップも水洗い可能なシリコン製。
・装着感は良好。耳に周りをシリコンハンガーが覆うため、妙に密着している感はある。
・開放型なので音漏れする。電車内などで使用する場合は音量に注意。音抜けの穴は背面にある。
・遮音性は開放型なので、ほとんどない。
・丸いポーチが付属。少しであるが、衝撃を吸収する素材のようだ。
・本体のデザインは大きいので派手そうに見えるが、色は地味。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分(ボリュームコントロール最大の場合)。
・音場は上下に広がるが左右には広がらない。


新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・販売当初の量販店価格は7,280円前後。
・販売終了直前には3,980円程度まで値下がりしたようだ。
・時々投売りされているが、最近は全く見かけない。

音質☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆★(上手く装着できれば☆☆☆☆)

音質、音域のバランス
・音質は良くない。980円なら
・音域のバランスは高音域重視の逆ピラミッド。
・高音域は上方向に広がる。やや鮮やかであるが、薄い印象が強い。伸びもあまり感じられない。
・中音域は非常に軽く、力強さが無い。リバーブに似た妙な響きが少しある。
・低音域は、質自体は悪くないが、量が少なく、存在感が無い。
・全体的に音が軽く、力強さに欠ける。しかし、ピアノは何故か得意。
・サウンドトラック系はそこそこ
・ボーカルは男性ボーカルは悪くない。女性ボーカルは歌い手次第で変わる。
・サ行の痛さは、男性はあまり痛くない。女性はやや痛い。

オススメ度☆★
・機能面は良い部分があるが、音質に関してはイマイチとしか言いようが無い。
・開放型なので、バス・電車では音量に要注意。
・最近は全く見かけない。

スペック
・型式:インナーイヤー型
・感度:110dB
・インピーダンス:32Ω
・定格入力:不明
・周波数特性:不明
・最大入力:不明
・ケーブル:1.2m(布巻き・灰色、Y字型、L字型(rに近い)プラグ、ボリュームコントロールあり)
・付属品:ポーチ
UHP307
メーカーサイトは見つからないので、こちらの記事を参考に。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback