DENON AH-C710のレビュー

Category: イヤホンレビュー  09/23 /2012 (Sun)

フジヤエービックにて4,800円でブラックを購入。B級品です。
主な特徴
・色は、「シルバー」「ブラック」の2色。
・ケーブルの色は「シルバー」は白色、「ブラック」は黒色。長さは0.7m。Y字型コード、ストレートプラグ。
・延長ケーブルは0.8mでL字型プラグ。
・ケーブルのクセは、やや付きやすいが扱いづらいことは無い。タッチノイズは、やや少なめ。
・ケーブルに関しては、特に分岐後が細く、やや不安である。
・イヤーチップはシリコン製(S/ M/ L)とコンプライ(1サイズ・1セット)が付属。
・装着感は良い。イヤーチップ自体も悪くない。
・装着方法は、通常通りケーブルを下に垂らす方法。耳にケーブルを回して装着する方法も可能であるが、必要性は感じない。
・ポーチ類はケースが付属。革製の質感が良いが、付属品が全部入らない点はマイナス。非常に惜しい。
・本体のデザインは普通。
・音漏れは少なめ。イヤーチップを外すと分かるが、音抜けの穴は1つある。電車・バスは問題ないレベル。図書館も音量を大きくしなければ使えそう。
・遮音性は、この手のイヤホンとしては少し高め。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場の広さは普通。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・店頭販売での価格は、10,000円前後。
・発売当時は14,800円が店頭販売の基本価格であった。
・通販最安値では、8,900円程度。

音質、音域のバランス(Mサイズイヤーチップ)
・音質は良い。
・音域のバランスは低音域より。
・高音域は、少し痛さを感じることもあり、特にバイオリンは刺激的。単体ではそれなりに出るが、特に伸びが低音域に邪魔される。
・中音域は、ノリが良く元気で派手。少し遠めに感じる。
・低音域は、最も特徴的であり、最も得意。ズンズン・ボコボコと聞こえてくる。
・全体的に、派手な音と低音域の強さが特徴。DENONのダイナミック型イヤホンを象徴するような音である。
・初心者にも分かりやすく音が変わる。特に若い人は、こういった音を好む人が多そう。
・1万円前後で、低音が欲しい人向け。
・ボーカルは男女ともに比較的得意。
・サ行の痛さは、やや感じる。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆
・音質は悪くないし、バランスは「こういうイヤホンだ」と思えば悪くない。
・音漏れは少なめで、遮音性もやや高い。
・ケーブルの長さが中途半端に短い。胸ポケットにプレイヤーを入れる人は丁度良い。
・ある意味DENONらしい音のイヤホン。
・1万円前後で、低音が欲しい人向け

スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー径:11.5mm
・インピーダンス:16Ω
・感度:110dB/mW
・最大入力:250mW
・再生周波数:5~25,000Hz
・質量:5.6g(コード含まず)
・コード:0.7m(Y字型、ストレートプラグ、OFC線
・付属品:L字型プラグ付0.8m延長コード、クリップ、イヤーピース(L/M/S、低反発タイプ 各2)、キャリングケース
AH-C710
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback