Ultimate Ears Ultimate Ears 200(UE200)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  09/01 /2012 (Sat)

ヨドバシカメラ新宿西口店にて2,980円でブルーを購入。
主な特徴
・色は、「ブラック」「パープル」「ブルー」の3色。
・ケーブルの色はそれぞれの本体の色と同じ色を採用。Y字型コード、L字型プラグ
・ケーブルのクセは、やや付きやすく、やや扱いづらい。タッチノイズはやや多め。
・イヤーチップはシリコンタイプで5種類(XXS、XS、S、M、Lサイズ)が付属。
・装着感は良い。イヤーチップは程良い柔らかさ。
・装着方法は、普通に耳からケーブルを垂らす方法。タッチノイズ対策として耳にケーブルを回して装着すると良い。
・ポーチ類はメッシュ型の布ポーチが付属。扱いやすい大きさ。
・本体のデザインは普通。
・音漏れは、ほぼ無い。音抜けの穴は無さそう。電車・バス・図書館でも問題無く使える。
・遮音性は、この手のイヤホンとしては、やや高め。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6割程度で十分。
・音場は普通もしくは少し広い。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・店頭販売では2,000円~2,980円。
・通販最安値は1,800円程度。
・だいぶ価格差があるので注意

音質、音域のバランス(Mサイズイヤーチップ)
・音質は良い。
・音域のバランスは中~高音域より。もしくはカマボコ。
・高音域は、ある一定の所までは聞こえるが、途中でバッサリと切られる。割と綺麗で少し鮮やかさもある。特段、痛さも感じない。
・中音域が最も得意。やや軽い印象はあるがクリア。クッキリしている。強いてあげるなら、もう少し力強さがあれば良かった。
・低音域は、量自体が少なめで影が薄い。比較的締まりのあるように聞こえる一方、やや薄い印象。家で聞くには「やや少ない」だが、外で聞くと「存在感が無い」になる。イヤーチップをしっかり選びましょう。
・全体的に、値段の割には実力のあるイヤホン。比較的落ち着いた音調も好印象。
・安価なBA型ドライバイヤホンのような音で、低価格帯にありがちなモコモコした低音では無い。一方で、量が控えめ。
・音のバランスは中価格帯以上のようなイヤホンの音に聞こえる。
・低音を好む初心者にはあまり向かないように聞こえる。数個以上のイヤホンを持ち始めた人には聞いてみてほしい音である。
・ボーカルは男女ともに得意。
・サ行の痛さは、やや感じる。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆(外では☆☆☆~☆☆☆★)


オススメ度☆☆☆☆★
・音質が良いが、バランスは中価格帯を思わせる。
・音漏れは少なめで。遮音性も比較的高い。
・タッチノイズやケーブルの質が残念。

スペック
・イヤフォンタイプ:インイヤー (カナル型)
・販売開始:2011年4月28日
・保証期間:2年間
・ケーブル長:115cm(Y字型ケーブル、L字型プラグ)
・装着方法:ストレートダウン
・色:パープル、ブラック、ブルー
・本体重量 (ケーブル含む):11g
・ドライバータイプ:ダイナミック型
・入力感度:107dB/mW (1KHz)
・周波数特性:20Hz~15kHz
・ノイズアイソレーション (遮音性):26dB
・インピーダンス:16Ω
・入力端子:3.5mmステレオミニ
・iPhone対応インラインコントローラ&マイク無し
・付属品:キャリングケース、シリコンイヤーチップ (XXS、XS、S、M、L)
Ultimate Ears 200

メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback