beyerdynamic DTX 35のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  07/16 /2012 (Mon)

フジヤエービックにて1,980円。B級品です。
主な特徴
・生産終了品と思われる。
・最近では珍しくなったネックバンド型。
・色は「ブラック」のみ。
・コードは片出しで、長さは1.2m。プラグはステレオミニプラグでL字型。
・コードの色は黒色。クセは、やや付きやすいが扱いづらさは感じない。
・コードは、やや後方に向かって出ている。
・折りたたみ機構は無い。
・デザインは普通。
・装着は耳のせタイプ。
・イヤーパッドは少しざらつきのあるスポンジ製。やや厚手。
・装着感は普通。耳裏にかける部分がプラスチックなので、人によっては、こちら側が痛くなるかも。また装着するまでが面倒。眼鏡使用者も使いづらい。
・側圧は少し強め。
・音漏れは非常に多い。基本的に耳かけクリップ型ヘッドホン・開放型ヘッドホンと同等と考えるべき。電車・バスではなく、散歩などで使いたい。
・遮音性は低い。
・音量は取りにくい。iPodなら最大音量の8割程度で必要。感度:113dB、インピーダンス:32Ωというスペックは信じられない。
・重さは、ほとんど感じない。重量は56gと非常に軽量な部類に入る。
・音場は、特に上下で狭い。ほとんどの音域が近く、顎から目の位置で横一線に並ぶ。また、やや後方から聞こえる。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・通販最安値では1,980円前後。
・量販店では2,980円前後。

音質、音域のバランス
・音質は普通。
・音域のバランスはカマボコ。
・高音域は、伸びに欠ける。厚手なイヤーパッドの割には鮮やかに聞こえたりもする(←高音域というよりは中高音域かもしれないが)。
・中音域は、力強さに欠け、上ずっている印象。音自体はしっかり出ているので残念。ヤマがあるのか、妙に派手にもある強調した音が出ることもある。
・低音域は、それなりに締まりがあり質も悪くない。ただ、家で聞いても、それなりの量。外では遮音性の低さを考えれば、確実に量が不足する。
・全般的に、厚手なイヤーパッドの影響を受けている感が否めない。
・基本的にはメーカーサイトの通り、外での散歩やジョギング、スポーツジムで使う想定。遮音性の低さを考えれば、もっと低音が出て良いと思う。室内向けとしても外向けとしても中途半端な性能。
・妙にハマる曲があったりする点は面白い。
・ボーカルは男女共に良い。
・サ行の痛さは、ほとんど感じない。

音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆

オススメ度☆☆★
・色々な意味で、もう一歩な機種。
・音漏れは多めで、遮音性は低い。装着感はそこそこなので、用途としては散歩向け。
・今では少なくなってしまった、ネックバンド型。

スペック
・周波数特性:25-22,000Hz
・感度:113dB
・インピーダンス:32Ω
・ケーブル:1.2m(片出し、L字型プラグ
・質量:56g
DTX 35
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback