多摩電子工業 S1206のレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/27 /2012 (Sun)

浜田電機にて4,980円で購入。
主な特徴
・自然乾燥させた天然の竹をハウジングケースに使用。
・色は「竹色」のみ。明るい色である。
・ケーブルの色は黒色。Y字型でプラグはストレート型。
・ケーブルのクセは非常に付きやすい。タッチノイズは非常に多め。非常に使いづらい。
・イヤーチップはシリコン製でS、M、Lサイズと低反発ウレタンタイプ(1サイズ)が付属。
・装着感は良い。S1206と比べる雲泥の差。本体の形状が原因だろう。
・装着方法は普通。ケーブルを耳から垂らす方法。
・ポーチ類は付属しない。残念
・本体のデザインは良い。竹の色は非常に特徴的。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は背面に1つある。電車バスでは問題ない。図書館では少し厳しいかも。
・遮音性は、この手のイヤホンとして普通。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6~7割程度で十分。
・音場は、ほぼ全ての音域が目の位置付近で聞こえるタイプ。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・通販最安値では1,980円の店舗が1つある。それ以外では4,000円程度。
・家電量販店では5,980円程度。

音質、音域のバランス(シリコンタイプ、Mサイズのイヤーチップ)
・音質は良くない
・音域のバランスは、とにかく低音より。
・高音域は、単体では割と鮮やかに出るが伸びは感じない。普段は完全に低音域に覆われる。
・中音域は、少し派手さは感じるが、特段の違和感無く聞こえる。が、普段は完全に低音域に覆われる。
・低音域は、量が多く、締まりが無く、ボワ付く印象しかない。他の音域の良さを完全に消している。
・全般的に、とにかくボワ付く低音域が全体を支配する。それだけ。
・ボーカルは男女ともに良くない。低音域に覆われる。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。
・低反発イヤーチップにすると、さらに低音が増えボワ付く。

音質☆☆(低音域だけ☆)

音域のバランス
高音域☆☆
中音域☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆
・音に関しては良い点がない。
・ケーブル自体の癖の付きやすさ・タッチノイズ・装着感の悪さが、更に足を引っ張る。
・良い点は装着感とデザインだけ。

スペック
・ドライバーユニット:10mm
・最大入力:3mW
・インピーダンス:16Ω(1KHz時)
・出力音圧レベル:100dB(1KHz時)
・再生周波数帯域:20Hz~20kHz
・コード:約1,200mm(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:イヤーチップ(シリコン製S・M・Lサイズ、低反発ウレタンタイプ1サイズ)
S1206
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback