多摩電子工業 S1207のレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/26 /2012 (Sat)

浜田電機にて4,980円で購入。
主な特徴
・自然乾燥させた天然の竹をハウジングケースに使用。
・色は「竹色」のみ。明るい色である。
・ケーブルの色は白色。Y字型でプラグはストレート型。
・ケーブルのクセは非常に付きやすい。タッチノイズは非常に多め。非常に使いづらい。
・イヤーチップはシリコン製でS、M、Lサイズと低反発ウレタンタイプ(1サイズ)が付属。
・シリコン製イヤーチップの装着感は良くない。低反発型はなかなか。
・イヤーチップを、はめこむ部分が短いのか、シリコン製イヤーチップの場合、普通に装着しているだけ耳から落ちることがある。
・装着方法は普通。ケーブルを耳から垂らす方法。
・ポーチ類は付属しない。残念
・本体のデザインは良い。非常に特徴的。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は背面に1つある。電車バスでは問題ない。図書館では少し厳しいかも。
・遮音性は、この手のイヤホンとしては少し低め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6~7割程度で十分。
・音場は、ほぼ全ての音域が目の位置付近で聞こえるタイプ。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・通販最安値では3,700円程度。
・家電量販店では5,980円程度。

音質、音域のバランス(低反発ウレタンタイプのイヤーチップ)
・音質は、普通か少し良くない
・音域のバランスは、フラット。
・高音域は、ある程度鮮やかに出るが、伸びは感じない。痛さや刺激的な印象は無い。
・中音域は、少し上ずっているのか、少しだけ癖がある。
・低音域はやや「重い」「沈む」という印象がある。
・全般的にフラット傾向で中音域の軽さが気になる以外は特徴に欠ける。ボーカルが得意な点は良い。
・ボーカルは男女ともに非常に得意。妙なくらい得意。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。男性ボーカルの方が痛さが強い。
・シリコンチップにすると、中音域の軽さが更に強調され、低音域が減る。私なら推奨しない。

音質☆☆★(☆☆☆にするには厳しいか)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆
・音に関しては、フラットでボーカルが得意。楽器類は軽い音に感じる。質自体もそこまで良くない。
・とにかく、ケーブル自体の癖の付きやすさ・タッチノイズ・装着感の悪さ。この3点だろう。
・シリコンチップで聞いている人は、低反発ウレタンタイプで聞いてみましょう。

スペック
・ドライバーユニット:10mm
・最大入力:3mW
・インピーダンス:32Ω(1KHz時)
・出力音圧レベル:93dB(1KHz時)
・再生周波数帯域:20Hz~20kHz
・コード:約1,200mm(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:イヤーチップ(シリコン製S・M・Lサイズ、低反発ウレタンタイプ1サイズ)
S1207
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (1) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

まとめtyaiました【多摩電子工業 S1207のレビュー】
浜田電機にて4,980円で購入。

2012.05.27 (Sun) | まとめwoネタ速neo