iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Allen & Heath XONE:XD-20のレビュー

池部楽器パワーDJ's渋谷にて8,980円で購入。
主な特徴
・色は「ブラック」のみ
・ケーブルの色は黒色。Y字型でプラグはL字型。
・ケーブルのクセは少し付きやすい。タッチノイズは比較的多め。
・イヤーチップはシリコン製でS、M、Lサイズが付属。
・装着感は、あまり良くない。ペラペラ。余裕があればイヤーチップは他社製に交換した方が良さそう。
・装着は普通。ケーブルを耳から垂らす方法。
・ポーチ類は付属しない。残念
・本体のデザインは普通。
・音漏れは、ややある。音抜けの穴は本体下部に1つある。他にも本体内で響く模様。電車バスでは問題ない。図書館では厳しいかも。
・遮音性は、この手のイヤホンと同等か少し低め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5割程度で十分。
・音場は、ほとんどが目の位置より上から聞こえ、持ち上がっているタイプ。広さ自体は普通。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・通販最安値では7,500円程度。
・家電量販店では8,000~9,000円程度。

音質、音域のバランス(Sサイズのイヤーチップ)
・音質は中々良い。
・音域のバランスは、やや低音より。
・高音域の伸びはある程度ある。それ以上の特徴として、鮮やかで派手な印象が強い。
・中音域も高音域に近い印象。クッキリ・派手という印象が強い。
・低音域は「重い」「重厚」という言葉が合う。ズンズン響く。
・全般的に「派手」「鮮やか」「低音が重い」。家で聞くと、かなり刺激的なので、外で使う方がバランスは良さそう。
・妙なくらいドラム・シンバルの音が生々しく聞こえる気がしてならない。このイヤホンの最大の特徴と言える。
・ボーカルは男女ともに得意。
・サ行の痛さは、やや強めに感じる。男性ボーカルの方が痛さが強い。

音質☆☆☆★(☆☆☆☆にやや近い)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音に関しては、派手ではあるが、比較的高い性能。
・タッチノイズ・イヤーチップ・サ行が強めに刺さる・遮音性が低い・ポーチが無い点は少々減点。
・音漏れは普通。
・低音の出方は、なかなか他では聞けないタイプの低音。
・メーカーサイト「圧倒的な低域、ソリッドなサウンドは楽曲制作、リスニングにも最適。音響特性はエレクトリックミュージックに最適化され、ふくよかな低域と、鮮明な高域を提供」。そのとおりかも。

スペック
・型式:クローズド ダイナミック
・ドライバー:13.6mm
・再生周波数帯域:20~20,000Hz
・最大入力:100mW
・出力音圧レベル:105dB/mW
・インピーダンス:17Ω
・重量:12g
・ケーブル:1.2m(Y字型ケーブル、L字型プラグ)
・付属品:イヤピース(S/M/L)
XONE XD-20
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。