audio-technica ATH-WS70のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  02/12 /2012 (Sun)

ハードオフにて2,000円で購入。ジャンク品です。
主な特徴
・色は「ブラック」のみ
・コードは両出しで、長さは1.2m。プラグはステレオミニプラグでL字型。
・コードのクセは付きづらい。
・コードの色は黒色。
・折りたたみ機構はハウジングが90度回転するスイーベル機構。平らになるので持ち運びしやすい。
・デザイン自体は良い。ハウジング部分は金属で高級感がある。厚みが無く目立たない。側面のロゴが少し目立つか。
・装着は耳乗せタイプ。
・イヤーパッドは革製。
・装着感は悪い。側圧が非常に強く、長時間装着は辛い。この機種、最大の欠点と言える。
・音漏れは少しあるものの、側圧の強さのおかげか少ない部類。音抜けの穴は見つからない。電車バスでは問題ないレベル。
・遮音性は、ヘッドホンとしては比較的高め。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6割程度で十分
・重さはあまり感じない。重量は230g(ケーブル除く)。
・音場は、やや広め。定位も良さそう。耳の近くで聞こえる音が良いと見るか悪いと見るか。
・ポーチ類は付属しない。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・量販店では9,980円前後
・通販最安値は7,000円以下。

音質、音域のバランス
・音質はそれなり。
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・高音域は、普段は低音域の陰に隠れるものの、やや鮮やかで、刺さる印象は無い。
・中音域は、量こそ他の音域に劣るが、位置は近く不足感は無い。少し奥から聞こえる。
・低音域は、量はある程度。それ以上に音圧のある音が印象的。
・いわゆる「とにかく低音」という機種ではない。思っていたよりは、バランス良くまとまっている。
・ボーカルは女性ボーカルの方が得意。男性は歌い手により得手不得手がある。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。

音質☆☆☆(☆☆☆★にやや近い)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆★
・一にも二にも、側圧の強さに耐えられるか。ここが最大の焦点。これで大きくマイナス。
・基本的な性能は中々。極端な性能の高さは無いが、まとまっている機種。
・音漏れは少なめ、遮音性も高め。
・とんでもなく低音が出る機種では無いです。割とバランスが良いです。
・イヤーパッドを変えれば、装着感向上につながるかも。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバー:40mm
・出力音圧レベル:100dB/mW
・再生周波数帯域:10~25,000Hz
・最大入力:1,000mW
インピーダンス:47Ω
・質量:230g(コード除く)
・コード:1.2m(両出し、L字型プラグ)
・付属品:なし
ATH-WS70
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback