ULTRASONE HFI-780のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  12/25 /2011 (Sun)

イシバシ楽器にて11,520円で購入。中古品です。
主な特徴
・色はシルバーのみ
・コードは片出しで、長さは1m。プラグはステレオミニプラグでストレート型。
・コードのクセは、少し付きやすい。
・コードの色は黒色。
・折りたたみ機構は、ハウジングが90°回転する機構。平らになるので、やや大きいが持ち運びはしやすい。
・デザインは派手。
・装着は耳を覆うタイプ。
・イヤーパッドは革製。
・装着感は比較的良い。側圧は結構ある。長時間装着も結構出来る。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は見つからない。電車バスでは問題ない。
・遮音性は比較的高め。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割程度で十分
・重さは少し感じる。重量は285g(本体のみ)。
・音場は、やや広め。S-LOGICは弱め。
・キャリングバックが付属。私のは中古のため、付属していませんでした。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・量販店では27,800円前後
・最安値は20,800円。

バージョンの違い
・HFI-780には、2010年バージョンと、それ以前のバージョンが存在する。
・現在、新品は全て2010年バージョンとなっているはず。
・旧バージョンでは、S-LOGICが強く不明瞭な印象を受ける。
・2010年バージョンは、ハッキリとした印象。音質的にも、こちらの方が良い。
・見分け方は簡単。延長ケーブルなしで、1mケーブルと短いのが2010年バージョン、3mケーブルとなっているものが旧バージョン。
・某店のレビューで「長めのコードは室内用にピッタリ」とありますが、それは店にあるものが旧バージョンであるだけです。
・このレビューを見た人で購入を予定されている方は注意しましょう。

音質、音域のバランス
・音質は良い
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・高音域は、鮮やかで丁寧。刺激的な印象は無い。
・中音域は、位置は近いが奥まった位置から聞こえる。ボーカルは少し苦手に聞こえる。
・低音域は、量も出ているが、それ以上に音圧のある音が印象的。
・ボーカルは苦手。一部問題ない歌い手もいるが、大概の歌い手は苦手に聞こえる。
・ボーカルが聞けないほど極端に苦手ではないが、他の音域に比べるとザラつき、どうしても聞き劣りする。
・ボーカルありの曲とサウンドトラックでは音の聞こえ方が、まるで違う。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆(ボーカル曲では☆☆☆★)
・基本的な性能は高いものの、どうしてもボーカルの苦手ぶりが気になる。
・音漏れは少なめ、遮音性も高め。見た目は派手ですが、音漏れという点では迷惑ではありません。
・中古なら比較的安いのも特長。
・バージョン違いには注意。音も違います。詳しくは上に記載。
・私が購入したモノは中古品で、付属品は一切ありませんでした。付属品に関しては記載できません。
・今後改造するため、先にレビューを掲載しました。

スペック
・型式:ダイナミック密閉型ヘッドフォン
・ドライバー:40mm
・再生周波数帯域:10-26,000Hz
・インピーダンス:35Ω
・SPL(出力音圧レベル):96dB
・重量:285g(本体のみ)
・ケーブル長:ストレート1m(片出しケーブル、ストレートプラグ)
・プラグ形状:3.5mm
・ULTRASONE特許技術「S-LOGIC Plus」テクノロジー搭載
・低周波電磁波を98%低減する「ULE」テクノロジー搭載
・付属品:キャリングバック、デモCD、4m延長ケーブル、3.5mm→6.3mm変換アダプタ
HFI-780
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

新バージョン

2010年バージョンはHFI-580もありますね。
やはり1mケーブル+4m延長ケーブル仕様でした。

Posted at 22:58:54 2017/05/26 by mt

Comment

mt様
コメントありがとうございます。

HFI-580も同様でしたか。こちらは持っていないので知らなかったです。情報ありがとうございます。

Posted at 00:56:24 2017/05/28 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback