ZERO AUDIO ZH-BX500のレビュー

Category: イヤホンレビュー  12/04 /2011 (Sun)

フジヤエービックにて7,100円でダーククロームを購入。
主な特徴
・色は「ダーククローム」「ブラック」の2色。
・ケーブルは1.2mでY字型。プラグはL字型。色は全て黒色。
・ケーブルのクセは付きづらく使いやすい。タッチノイズは多め。
・イヤーチップのサイズはS,M,Lの3種類が付属。装着感は比較的良い。
・布製ポーチが付属する。使いやすい大きさ。
・本体のデザインは、小さくて良い。フルアルミボディー。
・音漏れは、ほぼ無い。電車・バスでは問題ない。図書館でも音量次第で問題なさそう。
・遮音性は高め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の4.5~5割程度で十分。
・音場は広がりは無く狭い。定位は悪くない。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・量販店価格は6,600~7,980円前後。
・通販最安値は6,000円程度。

音質、音域のバランス
・音質は良い。
・音域のバランスは良いが、少しカマボコ
・高音域は、硬質で割と鮮やか。伸びに欠ける点が惜しい。
・中音域は硬く、クッキリ。時々違和感の安っぽい音が聞こえる気がする。
・低音域は、硬めで締まりがある。
・全般的にこの価格なら文句の無い音質だが、好みは分かれそう。硬めで・クッキリと・締まりのある音・やや冷淡な印象・の音
・ボーカルは、男女共に問題ない。
・サ行の痛さは、やや感じるが、歌い手によって感じない事も。
・1万円以下のBA型ドライバイヤホンの代表格。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆★
・音質は、この価格なら十分な音質。惜しい部分は多いが。
・硬めでクッキリと締まりのある音。やや冷淡な印象。
・音漏れが少なめで、遮音性も高め。


スペック
・方式:バランスド・アーマチュア・スピーカー
・インピーダンス:22Ω
・音圧感度:113dB/1mW
・最大入力:30mW
・再生周波数帯域:20Hz~16000Hz
・コード:1.2m(Y字型コード、L字型プラグ)
・質量:約3.6g(※コードを除く)
・付属品:イヤーキャップ(S・M・L)、キャリングバック
ZH-BX500
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (3) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

相談

はじめまして。

現在CreativeのEP-630を使用しているのですが、この度「ZH-BX500」、「Aurvana In-Ear」、「Aurvana In-Ear2」の内の一つに買い換えようと考えています。
そこで質問なのですが、上記3機の差異は、高中低音域の鳴らし方が違うという点が顕著であり、解像度、分解能、遮音性、音漏れにおいては、若干の差異が有る程度という認識でよろしいでしょうか。

Posted at 18:31:45 2011/12/17 by Tom

Comment

Tom様
初めまして。コメントありがとうございます。

およそ仰るとおりです。
ただ、「ZH-BX500」は聞こえ方が冷淡で、雰囲気が違います。

Posted at 23:24:41 2011/12/18 by H.A

Comment

ご返答ありがとうございます。

「ZH-BX500」は、他の二機と比べて雰囲気に大きな差があるようですね。
よく聞く曲に見合ったイヤホンを購入したいと思います。

Posted at 19:57:58 2011/12/19 by Tom

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback