Pioneer SE-CL531のレビュー

Category: イヤホンレビュー  10/30 /2011 (Sun)

じゃんぱらにて1,280円でブルーを購入。中古品です
主な特徴
・色は「ダークレッド、ダークブルー、ホワイト、ブラック」の4色。
・ケーブルは1.2mでY字型。プラグは、ちょっと上向きのL字型。
・ケーブルのクセは、やや付きやすい。タッチノイズは少し多め。
・イヤーチップはXS,S,M,Lの4種類が付属。イヤーチップは本体から見ると少し斜め方向を向いている。
・装着感は良い。耳の中で吸い付くような装着感。
・ケース類は付属しない。
・本体のデザインは普通。
・本体の突起部分は、装着安定性を高める「セルフフィットホルダー」。しかし装着感に影響は無いと思う。
・音漏れは少しある。背面の下部から漏れている。電車・バスでは問題ない。図書館では少し厳しい。
・遮音性は比較的高い。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5~5.5割程度で十分。
・音場の広さは普通かやや狭い。定位は全体的に位置が持ち上がっているように聞こえる。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・量販店価格は2,980円。
・通販最安値は1,995円。量販店とは、かなり差がある。

音質、音域のバランス
・音質は比較的良い。
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・高音域は、刺さるような音ではなく、綺麗に聞こえてくる。
・中音域は、ややあっさりとした音。位置が高音域と被る。
・低音域が最大の特徴。跳ねるようにドスン・ドスンと聞こえる。
・全般的な特徴は、とりあえず「低音域と女性ボーカルの鮮やかさ」。それ以外も違和感無く聞こえる。
・ボーカルは女性ボーカルの方が得意。男性ボーカルは普通。女性ボーカルは、やたらと鮮やかに聞こえる。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。

音質☆☆★(☆☆☆にやや近い)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆(2,980円なら☆☆☆☆★)
・低音域の量が多く、女性ボーカルが鮮やか。これに尽きる。
・他の音も違和感無い。
・遮音性や音漏れは問題ない。タッチノイズは少し多め。
・ポーチを付属して欲しかった。

スペック
・型式:密閉型ダイナミック
・再生周波数帯域:10Hz~22000Hz
・インピーダンス:16Ω
・最大入力(JEITA):100mW
・出力音圧レベル:104dB
・使用ユニット:9 mm
・コード長:1.2m(Y字型コード、L字型プラグ)
・質量(コード除く):4g
・付属品:イヤホンチップ(XS・S・M・L各種2個)、コードアジャスター
SE-CL531
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback