KOSS KDE/250のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  07/03 /2011 (Sun)

フジヤエービックのB級品セールにて14,800円で購入
主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・コードは黒色。両出し型で1.2m。プラグはストレート型。やや細いが、クセはやや付きにくく、扱いやすい。
・折りたたみ機構などは無い。
・ポーチが付属。内側にポケットがあり、付属品も収納可能。
・デザインは好みが分かれそう。私は好みである(文字以外)。
・装着は耳かけタイプ。装着が難しく、装着感も悪い。
・装着の際、まずは耳にイヤホン部分を入れて、後ろに回すようにして装着すると低音域が出る。そうしないと低音域が抜けてしまい少なくなる。
・イヤークリップが交換可能。耳に合うものに変更できる。
・音漏れは、ややある。耳かけにしては少ない部類だと思うが、電車の使用は難しそう。
・遮音性はやや低い。耳かけにしては高いほうだが、それでも低い。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割で十分。
・重いという印象は無い。
・音場の少し広い。定位は、かなり良いと思う。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品の最安値は16,300円。
・ネットでは2万円台中盤で販売する店舗が多い。
・家電量販店では値下がりした。2万円台中盤だったが、現在は19,800円前後。

音質、音域のバランス
・音質は良くない。14,800円でも良くないと感じる。
・音域のバランスはピラミッドバランス。
・高音域は音源が遠く、低音域に埋もれる。単体ではやや派手で伸びに欠ける印象。この音域だけなら音質は☆☆☆★にしても良いかも。
・中音域は全音域中、最も音質が悪い。ベールが何枚かかかったような印象が強く、非常に不自然。男性ボーカルは人が違うとさえ思える。
・低音域は量が出ているが、あまり締まりが無く、ボンボンと聞こえてくる。
・ボーカルに関しては女性ボーカルの方がマシと言える程度。高い声の人は割りと聞ける。低めの声の人は、歌い手によっては別人の声に聞こえる。
・サ行の痛さは、ほぼ無い。
・全体的に低音域と中音域の篭りが気になってしょうがない。デュアルドライバの意味はあったのか。ノリは良く、楽しく聞ける音ではあるのだが。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆★
・価格の割に良いとは思わない機種。
・装着感も悪く音質も良くない。
・一応ポータブルアンプ類を使うとマシにはなる。

スペック
・周波数特性:40~20,000Hz
・感度:95dB
・インピーダンス:16Ω
・コード:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・質量:34g
・付属品:交換用イヤークリップ(大、中、小 各1セット)、携帯用ソフトケース
KDE/250

メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback