バッファローコクヨ BSEP11CLのレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/06 /2011 (Sun)

ヨドバシカメラ秋葉原店にて1,580円。
主な特徴
・色は「ブラウン」と「ブラック」。
・コードは黒色。Y字型1.2mでストレートプラグ。クセが少し付きやすい。
・タッチノイズは普通。耳にケーブルをまわすことも可能だが、特にやる必要もない。
・イヤーチップはXS、S、M、Lの4種類が付属。装着感は普通だが、イヤーチップの質が悪いのか、音が安定しない。
・ポーチなどは付属しない。
・デザインは普通。
・音漏れは、ほぼ無い。背面に穴があるが音は漏れていない。よほど音量を上げない限り図書館でも問題ない。
・遮音性は国産カナル型イヤホンよりも、やや高い。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・音場の広さは狭い傾向。ほとんどの音が耳の近くで聞こえる。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・中には1,000円以下の店舗も登場。
・1,580円は販売価格のなかでは、最も高い部類に入る。

音質、音域のバランス(Mサイズのイヤーチップを、なるべく耳奥に入れて装着)
・音質はあまり良くない。ただ、特定の音が良うように聞こえることもある。
・音域のバランスは中~低音域より。
・高音域はあまり伸びが無く、リバーブがかかったような印象。他の音域と一緒に聞くと奥から聞こえてくる。
・中音域は痛さを感じず落ち着いた印象だが、やはりリバーブがかかったような印象。電子楽器や男性ボーカルには全く合わない。
・低音域は量が多いが、ズンズン響くような音ではなく軽く弾くような印象。
・男性、女性ボーカルのどちらも相性が合わない。ボーカルものは苦手。
・サ行の痛さは、少し感じる。
・全体的に言えるのがJPOPとの相性が絶望的な点。ボーカルや電子楽器(特にベース)には特に合わない。合う音楽と合わない音楽の差が非常に大きい。それ以外では落ち着いた印象とリバーブかかったような音が印象的。

音質☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆★
・全般的に、あまりよろしくない印象。
・合う音楽と合わない音楽の差が激しく使いづらいかも。
・音漏れはほぼ問題なし。遮音性もそこそこ。音量も取りやすい。タッチノイズも普通。
・不思議な音を鳴らす。確かにクラシックには合うかも。

スペック
・形式:ダイナミック型
・装着タイプ:カナルタイプ
・インピーダンス:16Ω(1kHzにて)
・再生周波数帯域:20Hz~20kHz
・音圧感度:100dB
・最大入力:10mW
・ドライバーユニット:9mm
・コード:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・本体重量:約13g
・パッケージ寸法:W87×D22×H170mm
・パッケージ重量:約48g
・付属品:イヤピース(XS/S/M/Lを各2個)
BSEP11CL(クラシック)
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback