iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Ultimate Ears Super.fi 5 PROのレビュー

だいぶ前にビックカメラ有楽町店にてブラックを32,900円で購入。
30,000円以上するイヤホンのうち、私が初めて購入したイヤホンです。 主な特徴
・色は「ホワイト」「ブラック」「クリア(透明)」「レッド」の4種類。
・音漏れはほとんど無い。その代わり自転車に乗りながら使用すると必ず事故を起こす。
・遮音性、音漏れは「ER-4S」>「E3c」≧「Super.fi 5 PRO」の順番。どれも非常に遮音性の高さや音漏れの少なさは国産カナル型イヤホンとは比べ物にならない。
・装着感は管理人にとっては良い。ただ耳にかける際にコードが顔に当たるので不快に感じる人もいるはず。
・付属品が多く、充実している。特に金属性のケースは質感がよい。
・コードは1.3m。Y字型コードでL字型プラグ。癖が付きづらく使いやすい。
・コードは交換可能。3,150円で市販されている。断線しても交換できるという安心感がある。本体からコードを外した写真を下で紹介。
・イヤーチップは国産のカナル型イヤホンと同じタイプだが厚みがある。また、2段キノコ型やスポンジ型も付属。
・イヤーチップは国産カナル型イヤホンに流用可能で遮音性が上がる。実際に管理人の場合は「ATH-CK7」に流用している。
・タッチノイズがやや小さめ。意図的にコードに触れない限りはほとんど問題ないはず。
・音量は問題なく取れる。iPodなら最大音量の5割で十分。
・ホワイトノイズがかなり大きめ。「サウンドレベル・アテニュエータ」を使用するとホワイトノイズは消えるが音量が小さくなる。
・最大の特徴は音場感。イヤホンとしては最大の広さと思われる。
・音場の感覚としては「頭の上から鳴る様に聞こえる高音域」、「耳の上辺りから鳴る様に聞こえる中音域」、「口や顎の辺りで鳴るように聞こえる低音域」。
・デザインはどうしても安物にしか見えない。

音質、音域のバランス
・音質はイヤホンとしてはかなり高い。ER-4Sには負ける。
・音域のバランスは少し低音域が強めだが、フラットに近い。
・高音域の量は適切。シャリついたりせず非常に聞きやすい。
・中音域の量も適切。安定している音。
・低音域は少し量が多め。厚みはそれほどないが、篭ったりせず聞きやすい。
・男性、女性ボーカルどちらも問題なし。
・「サ行」の痛さは少しや感じる。もう少しだけ抑えてほしい。
・分解能はなかなか良い。
・ノリの良い(と言われる)「E4c」や繊細な「ER-4S」と比べると、「Super.fi 5 PRO」は「大人しい」もしくは「普通」と言える。私は好きな音だが、好みが分かれそう。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・イヤホンに音場感を求める人へオススメ。
・高級なイヤホンが欲しいが断線が心配な人にもオススメ。
・コストパフォーマンスは少し悪い。通販で「ER-4S」が24,800円で「E4c」が22,800円と考えると、通販でも27,800円ではやや価格が高い。
・でも、好きな機種です。
・音量が取りやすい分、ホワイトノイズが大きいので評価は少しマイナス。


スペック
ドライバー:バランスド・アーマチュア方式のデュアルドライバ(高周波・低周波)
入力感度:119dB/mW
周波数特性:20Hz~16kH
インピーダンス:21Ω
コード:約130cm(L字型プラグ)
重量:約17g(ケーブル含む)
付属品:イヤチップ6個(小2、中2、大2)、ダブルフランジ・シリコンチップ2個、使い捨てフォームチップ2個、6.3φステレオ変換プラグ、サウンドレベル・アテニュエータ、クリーニングツール、メタリック保存ケース、日本語ユーザーガイド
Super.fi 5 PRO

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。