audio-technica ATH-CKM55のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/20 /2010 (Sun)

フジヤエービックにてゴールドを3,580円で購入。
主な特徴
・色は「ホワイト」「レッド」「ブラック」「ゴールド」「シルバー」の5種類。
・コードはY字型0.6mでストレートプラグ。0.6m延長コード(L字型プラグ)が付属。
・コードのクセは付きづらいが、タッチノイズはカナル型イヤホンとしては、やや多め。
・コードは分岐後が非常に長く、スライダーが付いていないのは、やや不満。
・イヤーチップはXS、S、M、Lの4種類が付属。「ER-CKM55」という新しいイヤーチップが採用されている。
・音漏れはやや少なめ。電車・バスでは問題ない。
・遮音性は国産カナル型イヤホンと比較しても、やや高め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割で十分。
・ポーチが付属。オーテクのイヤホンに付属している安っぽい方のポーチ。
・デザインは普通。ゴールドはやや目立つかも。「ホワイト」のみケーブルも白色。他のカラーのケーブルは黒色。
・音場感はやや広めで、楽器の位置も特定の位置に固まっていない。

音質、音域のバランス
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスはやや低音域が強い。
・高音域は思ったより痛くない。「真鍮製スタビライザー」のせいでもっとエッジが鋭いと思っていたので。
・中音域は低音域がこれだけ出ているのにクッキリ聞こえるのは面白い。痛くも緩くも無い音。
・低音域が最大の特徴。結構締まりのある音が出ていて、量も多い。重低音が出ていて30Hzでもズンズン聞こえる。
・女性ボーカル向け。男性ボーカルは歌い手によっては少し遠く感じる。
・サ行の痛さは、ほとんど感じない。
・全体的に低音域に特徴がある一方で、他の音域もしっかり出るというのが面白い。


音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★(曲によっては☆☆☆☆)
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質面では大きな問題は無い。
・低音域が強い機種が好きな人向け。
・音量は取りやすく、音漏れは比較的少なめで、遮音性も高め。ポーチも付属。
・タッチノイズには注意。スライダーも付けて欲しかった。
・家で聞くと少し聞き疲れする人もいるかも。

スペック
・型式:ダイナミック型(12.5mmドライバ)
・出力音圧レベル:104dB/mW
・再生周波数帯域:5~24,000Hz
・最大入力:200mW
・インピーダンス:16Ω
・質量:約6.5g(コード除く)
・コード長:0.6m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:ポーチ、イヤピース(XS,S,M,L)、0.6m延長コード(L字型プラグ)
ATH-CKM55
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback