AKG K319のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/13 /2010 (Sun)

サウンドハウス通販にて7,280円で購入。
主な特徴
・色は「ダークチャコール(というらしい)」の1色。
・コードはY字型0.5mでストレートプラグ。ボリュームコントロールがあるが、最小にしても音は完全には消えない。
・0.5mの延長ケーブルが付属。こちらもストレートプラグ。
・開放型なのでタッチノイズは気にならない。カナル型ならタッチノイズは多そう。
・開放型なので音漏れする。電車内などで使用する場合は音量に注意。
・遮音性は開放型なので、ほとんどない。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・大きめのセミハードケースが付属。iPodと付属品が一緒に入る。
・デザインは好みが分かれる。変わった形。
・装着感はイヤーパッドがあれば良い。イヤーパッド無しでは外れやすくて使いづらい。
・音場は抜けが良く広い。全ての音域が耳の高さ~頭の上あたりに集まる。
・入手方法は個人輸入か、サウンドハウスの通販だけ。一般店舗では入手できないはず。


音質、音域のバランス(イヤーパッドなし)
・音質自体は中々良い。
・音域のバランスは中~高音域より。
・高音域は広がりがある。少しキンキンする気もする。
・中音域は近くで聞こえるので、ボーカルものを聞く人には良い。やや聞き疲れする気もする。
・低音域は、かなりタイト。量も結構出ている。
・男性ボーカルの方が相性が良さそう。
・サ行の痛さはやや感じる。
・全体的に、ややエッジが強く、メリハリがある(?)。家で長時間聞くにはあまり向かないかも。ボーカルを中心に中音域が得意。

音質☆☆☆★

音域のバランス(イヤーパッドなし)
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆


音質、音域のバランス(イヤーパッドあり)
・音はイヤーパッドなしに比べ温かみや力強さのある音になる。
・高音域は量が減ってしまうが、激減することはない。
・中音域は量はあまり変わらないが、キツさが無くなるので聞きやすい。
・低音域は厚みのある音に。量も一番多くなる
・イヤーパッドあり、なしのどちらも良いと思うが、個人的にはイヤーパッドありが好み。

音域のバランス(イヤーパッドあり)
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆
・イヤーパッドあり、なしのどちらも良いと思う。使い分けてみましょう。痛さが嫌ならイヤーパッド装着。
・ボーカルものが得意。
・ボリュームコントロール大きすぎ。いらない。
・開放型なので音漏れする。バス・電車では音量に注意。
・ケースが大きい。iPodクラシックも収納可能。
・AKG代理店のハーマンインターナショナルでは取り扱っていない。

スペック
・タイプ:インナーイヤー型
・インピーダンス:32Ω
・感度:128dB SPL/V
・再生周波数帯域:16Hz~23kHz
・重量:約5g (ケーブル含まず)
・カラー:ダークチャコール
・ケーブル長:0.5m(ボリュームコントローラー搭載)
・付属品:延長ケーブル(0.5m)、ハードケース、フライトアダプター、2.5mmプラグへの変換コード(全長10cm程度)
K319
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (4) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

No title

付属品は2.5mmへの変換プラグではなく
3極の3.5mmステレオミニプラグへの変換プラグなのでは?

Posted at 21:42:01 2010/06/13 by 暇な人

Comment

No title

あと、画像がK370のものになってますが・・・

Posted at 00:31:31 2010/06/14 by 暇な人

Comment

No title

連投すいません・・・
画像が間違ってるのだとしたら、付属品は2.5mmへの変換プラグと
ハードケース、フライトアダプターに延長コードですね・・・

Posted at 00:34:41 2010/06/14 by 暇な人

Comment

No title

暇な人様
コメントありがとうございます。

画像の誤り失礼いたしました。
確かに「K370」の画像を表示していました。
早速「K319」に差し替えました。

Posted at 23:20:16 2010/06/14 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback