AKG K370のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/06 /2010 (Sun)

サウンドハウス通販にて13,800円で購入。
量販店では17,800円で販売中。
主な特徴
・色は「シルバーブラック」のみ。
・コードはY字型1mでストレートプラグ。クセはやや付きにくい。タッチノイズは多め。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。妙に装着感が良い気がする。
・音漏れはややある。本体上部に音抜けの穴が2つある。バス・電車でも満員に近いときは音量に注意したい。
・遮音性は国産カナル型イヤホン並か少し高い。
・音量はやや取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・大きめのセミハードケースが付属。内側にメッシュポケットがあり使いやすい。
・デザインはメタリックな感じは良いが、反対背面に大きく「AKG」と書いてあるのが気になる。
・音場感はやや広め。ボーカルが頭の位置から聞こえる。
・コントロールボタンは「1回押し:再生・停止」「2回押し:次の曲再生」「3回押し:前の曲再生」である。

音質、音域のバランス
・音質は価格から見れば微妙。
・音域のバランスはフラット傾向。少しドンシャリ。
・高音域は量、質ともに問題なし。ややエッジが強いかも。
・中音域は特徴的な音。結構クッキリ聞こえる。
・低音域はもうちょっと締まりがあると嬉しかったかも。
・男性、女性ボーカルどちらも良い。
・サ行の痛さは、やや感じる。
・全体的にドンシャリで、結構勢いのある音のように感じる。結構万能型。


音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆★
・音自体はそこまで問題ない。
・音漏れ、タッチノイズ、価格が残念。
・「IP2」がほんの少し良くなった程度。12,000円程度ならまだしも、17,800円は高い。
・アイフォン用マイクは不要。

スペック
・タイプ:密閉型
・カラー:SILVER BACK
・周波数特性:12Hz~24kHz
・感度(1mW):108dB/mW
・インピーダンス:32Ω
・ケーブル:1m(Y字型コード、L字型プラグ)
・マイク内蔵コントロールボタン搭載
・重量(ケーブル含まず):4g
・付属品:イヤチップ(S/M/L)、キャリングケース、4極→3極変換ケーブル、航空機デュアルミニヘッドホンプラグ
K370
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback