iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

PHILIPS SHG5000のレビュー

ビックカメラ渋谷店にて2,980円で購入。 主な特徴
・色は、「ブラック」1色のみ。
・コードは1.2m。u字型コードで、L字型プラグ。
・タッチノイズはやや小さめ。コード分岐後の左耳側は何故かタッチノイズが大きめ。
・コードはやや硬め。クセが付きやすいが、真っ直ぐに直すのも比較的楽。
イヤーチップはS、M、Lが付属。少し柔らかめ。他のイヤーチップの交換しても良いかも。
・音漏れは、音抜けする穴が、3つある。見た目よりは音漏れは少ない。国産カナル型イヤホン並。
・遮音性は国産カナル型と比べると少し劣る。
・音場感は少し広い。
・音量はiPodならボリューム最大値の6割程度で十分な音量が取れる。
・デザインは普通。

音質・音域のバランス
・音質は価格よりもワンランク上。
・音域のバランスは、やや中音域が強め。はっきりとした男性ボーカルが聞ける。
・他の音域もそれなりに出ており、中音域には負けていない。
・高音域の量も問題ない。割と鮮やかに響く。
・低音域も問題なし。厚みある音が出ている。
・出ている音域の量は中音域>高音域≧低音域。
・「サ行」の痛さはほとんど感じない。
・男性、女性ボーカルどちらも問題なし。どちらかと言えば男性ボーカル向けか。
・分解能は3,000円とは思えないほど良い。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆☆
・ポータブル機に使用する上で問題は無い。
・コードの硬さはそれほど気にならないはず。
・はっきりとした中音域が聞きたい人へオススメ。
・個人的に3,000円前後のカナル型イヤホンの中でもオススメの1品。

スペック
・周波数特性:6~23,500Hz
・インピーダンス:16Ω
・感度:102dB
・ケーブル長:全長約120cm
・付属品:イヤーチップ(S・M・L各2個)、収納ケース
SHG5000

商品の詳細はこちら。(メーカーサイトが発見できないのでjoshinwebにリンク)
☆印の評価についてはこちらで説明します。